がりすのにっき。

がりすのにっき。

遊戯王OCG・デュエルリンクスについての記事をお届け!趣味もつぶやきます。

「がりす。」と申します。【自己紹介】

私のブログを見ていただきありがとうございます。

趣味でこれからブログをはじめてみようと思い立った初心者です。

「がりす。」といいます。このブログでは、

  • 自分の好きなことを前提に書いていこうと思います。
  • わかりやすい文章をこころがけていきます。
  • 見ていて楽しいブログを目指していきたいと思います!

 

どんなことを書きたいのかというと、じぶんの趣味や体験を文章にしていきたいと思います。例えば、今日みた映画こんなんだったよ!このアニメおすすめ!みたいな。ブログをやってみたかったのは自分の趣味を読んでくれる人に共有したかったからです。備忘録的なところもありますけど。。。

 

 

大きな趣味として、遊戯王をしています!
OCGとデュエルリンクス!遊戯王というと、対戦型カードゲームですので競技的ですが、私は大会に参加することなどもありますが、そこまでガチではありません。どちらかというと趣味的、ファンデッキ寄りであります。主に、周回デッキ構築や無限ループ・無限回復チャレンジなどを行っている人です。

フルモンとサイキックが好きです。
Twitterなどに画像や動画を投稿することが多いです。

 

 

Twitterやっているのでどんな人かどうかはそっちを見ていただければよいかなと。

 https://twitter.com/gallis324 良かったらフォローしてやってください←

 

 

 

それでは自己紹介はここらへんで。ノ

f:id:degu324:20190613034232p:plain

 

デュエル中のカードアイコンの解説まとめ【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

目次

あいさつ

ドーモ、がりす。です!

今回の記事はお役立ち情報です。

 

皆さん、デュエル中にカードが墓地や除外ゾーンに行くと、カードの説明文の左上に奇妙なアイコンが表示されることはご存知でしょうか。

f:id:degu324:20200224173228p:plain

このアイコン昔からあるのですが、特にわからなくても困らなかったので私も長い間放置していました。ただ、「ヘルプ」を見ても説明が記載されておらず、いつまでたっても説明がなされないので、それだったら私自身でまとめてしまおうじゃないかというわけです。

ということで、今回はカードの説明文にある左上のアイコンについてまとめていこうと思います!

一つ一つ自分の手で確認していきます。
今後情報が追加された場合、随時追記していきます。

 

アイコン一覧

・カードの場所アイコン

f:id:degu324:20200224173245p:plain

カードの場所についてのアイコンの説明はしっかりとヘルプに記載されていました。これに関しては説明しなくても見た目で分かるかなと思います。カードの説明文ではなく、カードの選択画面で出てくることが多いですよね。もし分かんなかったらしっかりと押さえておきましょう。

 

・戦闘破壊アイコン

f:id:degu324:20200224174020p:plain
カードが剣で刺されたようなアイコン。

これは、カードが戦闘で破壊された場合につくアイコンです。
戦闘破壊されたモンスターが墓地から除外されてもこのアイコンは残ります。
また、罠モンスターでも戦闘破壊された場合にこのアイコンがつくことを確認しました。

 

特殊召喚不可アイコン

f:id:degu324:20200224174341p:plain

カードの上に光の柱のようなものがあり禁止マークがついたアイコン。

これは、特殊召喚ができないモンスターにつくアイコンです。儀式モンスターや蘇生制限がある特殊召喚モンスターにつき、蘇生制限が解除される(正規の召喚を行う)とアイコンがなくなります。《古代の機械巨人》や《堕天使ディザイア》などの特殊召喚ができないモンスターにもつきます。

また、《ヴェンデット・アニマ》などの効果で、発動後特殊召喚できるモンスターが制限される場合(ここではアンデット族以外は特殊召喚できない)にもこのアイコンがつくことが確認できました。

f:id:degu324:20200224182042p:plain

 

・融合素材アイコン

f:id:degu324:20200224174323p:plain

魔法カード《融合》の絵のようなアイコン。 

これは、融合素材となったモンスターにつくアイコンです。

 

・シンクロ素材アイコン

f:id:degu324:20200224174351p:plain

カードに矢印が向けられたアイコン。

これはシンクロ素材となったモンスターにつくアイコンです。

 

・一時的除外アイコン

f:id:degu324:20200224184331p:plain

除外ゾーンマークの裏にカードが隠れているアイコン。

これは、カードの効果で一時的に除外されていることを示すアイコンでしょう。例えば、《封印の黄金櫃》であったり《聖遺物を巡る戦い》など、カードの効果やコストによって一時的に除外されているカードにこのアイコンはつきます。普通に除外されているカードと区別ができますね。

 

まとめ

分かりやすく表にまとめてみました。
この画像は好きに使ってくれて構いません。

簡易版カードアイコン一覧表(ver.1)2020年2月24日現在

f:id:degu324:20200224210236p:plain
 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
少しは役に立つ情報が発信できたのかなと思います。
今回の記事の情報は手作業で確認しているので、とりこぼしがあったらすみませんがTwitterのほうまで連絡いただけると助かります。<(_ _)>

がりす。 (@gallis324) | Twitter

 

それでは今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

 ⇓⇓人気ブログランキング登録してみました!⇓⇓ 

クリックするとランキングが上がります!
応援よろしくお願いします。


遊戯王ランキング

 

KCC2020Feb.結果まとめ【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

目次

あいさつ

ドーモ、がりす。です!
みなさんKCお疲れ様でした!
今回はKCカップ2020Feb.の結果をまとめていこうと思います。
金・銀ボーダーとかも記載していきます。

 

さて、今回のKCカップはというと、前回に引き続きBFやES召喚獣は健在で、堕天使や芝刈り不知火、そしてブラマジやサイバーが台頭してきました。ほかにも「ボクのモンスターカード」というスキルによって初手三枚がモンスター確定であることを利用した、ボクモン霊獣やボクモンキャバルリーなども顔を見せました。

マッチング形式も前回までのランダムマッチング(低DPと高DP関係なくマッチングする)ではなく、上位マッチング(同じくらいのDP同士でマッチングする)になっていたと思われます。

私的には、ランダムマッチングは、一昔前に流行ったハリケーン金剛核マキシマムみたいな、口悪く言えば、いわゆる誰でも勝てるデッキ同士の戦い、数をこなせばDPを盛れる戦い、後攻ワンキルしたもん勝ち、脳死、みたいな戦いになってたので好きじゃありませんでしたが、今回の上位マッチング形式の方が、プレイングで差がつけられて、高レベルなやり取りができる、頭の良いデュエルが楽しめて良かったです。ここは賛否両論ありそう…

 

はい。今回の目標もプレミアムチケット6枚(銀アイコン)が目標です!

まずはKCのボーダーから見ていきましょう。

 

KCボーダー

まずはKCボーダーの結果から!

f:id:degu324:20200219180343p:plain
f:id:degu324:20200219180356p:plain
f:id:degu324:20200219180402p:plain

Global Rank(全体ランキング)
1位:98,122DP
金ボーダー:86,199DP
銀ボーダー:66,917DP

(アイコンがもらえるのはGlobal Rank)

Japanese Rank(日本ランキング)

1位:93,017DP
10位ボーダー:78,078DP
100位ボーダー:56,156DP

 

前回と比べると、10万DPを超えた人はいませんでした(途中超えた人はいたが落ちた)。これはやはりランダムマッチングから上位マッチングに切り替わった影響はあるでしょう。こうしてみるとカードゲームとしてはいい環境だったんじゃないかなと思います。

 

トップ100と使用デッキは海外サイトでまとまっています。

www.duellinksmeta.com

 

KC使用デッキ

私の結果報告です。

 

f:id:degu324:20200219185316p:plain
f:id:degu324:20200219185328p:plain

26位でした!

勝率はずっと60%をキープしていました。

初日は100戦もやったのに2万4千DPで止まっていて、ほかのみんなは早い人で4万DPとかで絶望してました。3回も先行デビフラにモンスターゾーン埋められる…金の城貼られて攻撃できず返しでダイーザ4000…なんでこんな目に。

二日目の朝から頑張って14:30時点で100位に。これはいけそう!夜まで走って6万DPまで爆上げ!6万の壁が厚かった…この時点で230戦138勝勝率60%順位は50位くらい。これは銀圏内維持できそう。

三日目。あれ?皆DP下がってね?なんも動いてないのに順位上がってるし…これ触らん方がいいやつや…でも前回7万7千が銀ボーダーだったし…ちょっと様子見しながら走るか。ちょっと潜るってみる・・・同じ人としか当たんねえじゃん!これマッチング形式変わった説が浮上。いや、でもこれ変なデッキと当たんないってことは環境をしっかり読めば行ける(確信)!ES流行ってるってことは芝不知火だ!BF多いってことはクリストロン!7万4千DP!いま何時?そうねだいたいね~ 02:30!これはステイ!

って感じで走ってました笑
最終日はいじってませんでした。

 

使用デッキはクリストロンと芝刈り不知火でした!

◇水晶機巧

f:id:degu324:20200219185356p:plain

もうワシにはこれしかねえんじゃぁ!
前KCも使ってたクリストロンです。前の構築と比較するとこんな感じ。

f:id:degu324:20200219192053p:plain
f:id:degu324:20200219185356p:plain

変わってないwww!

二日目ぐらいまで金ボーダー上位にFranciscoさんがクリストロンでずっとランキングインしていたのをみてクリストロンでも勝てるんだ!と勇気をもらいながら走っていました。彼は海外の大会でずっとクリストロン一本で何度も入賞している人で、何度も驚かされてきました。「またFranciscoさんかw」と。今回のKCでクリストロンを使ってたのは正直Franciscoさんが上位ランキングしていたおかげなところはあります。エスポワール。

 

⇓⇓前回にも紹介しましたが・・・⇓⇓

◇クリストロンに興味を持った方は、是非過去記事をご覧になっていただけると嬉しいです。詳しい展開方法が引くほどびっしりと記載されています笑

第1弾記事(強化前)
・チューナー構えの展開方法
・アメトリクスからグリオンガンド
展開まで

degu324.hatenablog.com

第2弾記事(強化後)
・初手グリオンガンド展開ルートまとめ
インパクト構え展開ルートとその後の展開

degu324.hatenablog.com

 

◇芝刈不知火(芝ぬい)

f:id:degu324:20200219185402p:plain

クリストロンだけだとつまらんと組み始めたのがこれ。
今回のKCでめっちゃ活躍してくれました。

芝ぬいは、不知火を組めるようになってから大分煮詰めました。

f:id:degu324:20200219193855p:plain
f:id:degu324:20200219193903p:plain
f:id:degu324:20200219193912p:plain

上の三つはRリーグという国内のリーぐ戦で使用したデッキです。左から古い順です。この他にもいろいろ試しました。針虫を入れてみたり、牛頭鬼を抜いてみたり、妖刀の枚数を変えてみたり、サンダーブレイクも試して、魔法カードの枠も悩みました。

そのなかで気づいたのが、武士3は必須だという事。いろんな芝ぬい使用者にも聞いて回ってその中の言葉を引用すると、「胎動が墓地に無いときは武士が軸になるのに何で3にしないの?」。まあ、確かにって感じでした。不知火は除外ギミックを使って初めて動くのにそれができる武士を2にするメリットはないのかなーと思います。

そうはいっても、芝ガチャしてるだけじゃねえの?って思う方もおられるでしょう。そんなことはないです。しっかり目的のカードを墓地に落とせるような構築にするのも大事です。芝ぬいは、プレイング>構築>運だと思っています。

 

プレイングが分からない人のために、私がKC前に不知火の動きを覚えるために使っていたメモを残しておきます。

f:id:degu324:20200219200845p:plain

f:id:degu324:20200219200855p:plain

f:id:degu324:20200219200905p:plain
芝刈りした後の動きや、その不知火毎にできる動きが書いてあります。すべての動きが書いてあるわけじゃないのでご了承ください。九尾の狐や逢魔ノ妖刀を絡めればもっと複雑な動きが可能になります。

中でもよく使っていた動きは、
芝刈り→胎動効果→武士と物部除外→宮司回収1ドロー→宮司召喚→隠者蘇生→隠者効果宮司リリース妖刀特殊召喚→妖刀+隠者でシンクロ召喚→隠者が除外されるので武士特殊召喚
って感じの動きです。

ポイントは武士を除外しておくことと、宮司から出した隠者は除外されることです。シンクロ召喚先をブラックローズにすることで、チェーン1隠者チェーン2ブラックローズとなり、盤面を全破壊しながら武士を帰還させることができ強力です。

あとは、構築面で言うと、狐はES召喚獣のモーレフ底なしデモチェを潜り抜ける際に優秀でした。武士は先ほど述べた通りで、針虫は30枚構築が多いのとミラーで打てた方が強いので3欲しいかなと。牛頭鬼は武士を優先して除外したかったので3がいいかな。サンブレは対BFで優秀なのと手札の胎動が切りたくて採用。黄金櫃は賛否両論ありますが、初手で武士が除外できることや、単純に下級不知火の効果どれか好きなのを使えるって考えたら外せませんでした。

以上です。

 

おわりに

以上が、今KCCのまとめでした。

前回銀3個目って書いてたんですが、よく見たら4個ありました。なんで今回で5個目になります。(WCS2,KC3)


今回もなんだかんだでプレミアム6枚get!

f:id:degu324:20200219203107p:plain

輝いています(*‘∀‘)

最終日動かなかったので動いてたら金狙えたのか、銅だったのかわかりませんが、金いけたら行きたいですね!今のランキングで満足している自分がいます。

それでは今回はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

 ⇓⇓人気ブログランキング登録してみました!⇓⇓ 

クリックするとランキングが上がります!
応援よろしくお願いします。


遊戯王ランキング

 

マスター・オブ・シャドウ新パック考察!MASTERS OF SHADOW【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh!Duel Links】

目次

 

遊戯王 デュエルリンクス マスター・オブ・シャドウ

あいさつ

「ニンジャスレイヤー アイエエエ」の画像検索結果"

アイエエエ!?ニンジャ!?ニンジャナンデ!?

ドーモ、がりす。です

新パックがきた!?と思ったらニンジャが来た!
ニンジャ殺すべし!

「ニンジャスレイヤー 殺すべし」の画像検索結果"

いやそっちはニンジャスレイヤーだ!
今回来たのはニンジャマスターだ!

ってことで忍者、幻奏、ワームが来てます!

さっそく「マスター・オブ・シャドウ MASTERS OF SHADOW」

見ていきましょう(。-`ω-)!

 

いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。
カード名をクリックすると遊戯王wikiに飛びます。

※ミス等ありましたら教えてくださると助かります。
(表記:NS→通常召喚、SS→特殊召喚、EF→効果発動)

 

MASTERS OF SHADOW

www.konami.com

 
《忍者マスター HANZO》

忍者マスター HANZO

召喚→忍法サーチ
反転召喚・特殊召喚→忍者サーチ
を行います。

忍者といえば一昔前に流行りましたよね。
ここに《成金忍者》(第8弾メインUR)というカードがあります。

f:id:degu324:20200129150338p:plain

このカードから、罠カードをコストにHANZOをssしてHANZOの効果で忍者をサーチ…といったことが出来ます。

召喚した時にサーチしてくる忍法カードは、《忍法 超変化の術》

忍法 超変化の術

忍者と相手モンスターをコストに、ドラゴン族・恐竜族・海竜族をデッキからssします。

肝心なのは何に変化するか?ですが、HANZOが闇属性、成金忍者が光属性なので《ライトパルサー・ドラゴン》(第24弾メインSR)が相性良いと思います。

f:id:degu324:20200129151347p:plain

打点は少し低めですが、光属性と闇属性をコストに自身を蘇生することができ、また、ドラゴン族で固めておけば上級闇属性ドラゴンも蘇生できます。

白黒忍者ってOCGでも流行りましたよね。

 

《古神ハストール》

古神ハストール

個人的に一番アタリだと思っているカードです。

レベル4の汎用シンクロで、まず墓地へ送られると攻撃及び効果無効の装備カードとなって相手に貼り付きます。寄生虫みたいですね。そしてこのカードを剥がそうとすると今度はそのモンスターのコントロールをパクります。やっぱ寄生虫じゃん!爬虫類族だし…

星4シンクロにしては2300と高めで絶妙です。相性の良いスキルはやっぱり墓地より芽吹くものでしょう。

墓地より芽吹くもの
自分の墓地に「ダーク・ヴァージャー」が1枚置かれた状態でデュエルが開始される。

星2植物チューナー1枚からこのカードをシンクロ召喚することが出来ますね。とても面白いカードで、環境に顔出してもおかしくないんじゃないかなという性能を持ってると思います。

 

《ミラクルシンクロフュージョン》

ミラクルシンクロフュージョン

上記の墓地より芽吹くもの関連でこのカードも考察!

ラクルシンクロフュージョンはSモンスターを素材に持つ融合モンスターを融合召喚するという少し変わった融合カードです。墓地融合もできるのでかなり融通は利きますね。

出してくるのは、《ナチュル・ガイアストライオ》《ゴヨウ・エンペラー》

f:id:degu324:20200129152122p:plain
f:id:degu324:20200129152157p:plain

どちらも高打点で強力な効果があります。なんでこのカードなのかというと、「墓地より芽吹くもの」です。

みなさん、《ゴヨウ・ディフェンダー》って知ってますか?

f:id:degu324:20191110192530p:plain

簡単に説明すると、フィールドにこのカードだけなら同名カードをEXデッキから読んでこれるというカードなんですが、このカードってレベル3ですよね。「墓地より芽吹くもの」で簡単に出せます。《スポーア》(第24弾メインSR)とか《アロマセラフィ-アンゼリカ》(トレーダー)を使うといいでしょう。このカードがS召喚できればゴヨウディフェンダーが2体になります。ゴヨウディフェンダーは戦士族・地属性・Sモンスターでしたね?

f:id:degu324:20200129152122p:plain
f:id:degu324:20200129152157p:plain

そう!《ナチュル・ガイアストライオ》《ゴヨウ・エンペラー》の融合素材はどちらもゴヨウディフェンダーに当てはまるんですよ。すごくね?

ラクルシンクロフュージョンフュージョン通常魔法なのでもちろん《竜魔導の守護者》(儀式マジシャンストラク)や《シンクロ・フュージョニスト》(第25弾メインN)からサーチできます。

いやー墓地より芽吹くもの万能すぎます…このスキルの価値はこのパックでより一層上がったと思います。

 

《竜嵐還帰》

f:id:degu324:20200129155901p:plain

汎用帰還罠カードという事で取り上げました。

蘇生制限に引っ掛からなければ持ち主の縛りなく帰還できるため、幅広く使えそうです。また、実質「除外から手札に戻す」カードとしても使えます。

メタファイズサンダー・ドラゴン不知火クリストロンヴァンパイア武神とかとか。除外が苦手なデッキとかに忍ばせておいても面白いかもしれませんね。

 

《ワーム・ゼクス》

f:id:degu324:20200129161306p:plain

やっとゼクスヤガンが来ましたね。ちょっと遅かった感はある。
《ワーム・ゼクス》《ワーム・ヤガン》を墓地へ→ヤガンを裏で特殊召喚《W星雲隕石》(第12弾ミニSR)をセット…とすることで、相手ターンにバウンスとドロー、デッキからの特殊召喚が可能です。

f:id:degu324:20200129161342p:plain
f:id:degu324:20200129162056p:plain

先行でこの布陣が構えられるなら強いですね。ただ、今の環境で勝てるかといったら正直微妙な気はします。どっちかっていうと、ゼクスの墓地肥やし効果をうまく使って別のギミックとのコンボで使えればいいのかなと思います。

 

《独奏の第1楽章》

f:id:degu324:20200129162703p:plain

ノーコストでデッキから任意の下級幻奏を特殊召喚できます。

幻奏は融合テーマで、見た目の可愛さ以上には脳筋です笑
《幻奏の華歌聖ブルーム・プリマ》の二回攻撃とか…プルガトリオを連想させますね。
ですので、戦い方的には後攻ワンキルになるんじゃないかと予想します。現環境においてこのプールであると若干力不足だと思います。

f:id:degu324:20200129162903p:plain
f:id:degu324:20200129162940p:plain

《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》の墓地除外効果が環境テーマに刺さるのであれば、環境入りも見えるでしょう。天使族テーマなので宣告者とかでパーミッション寄りに戦ってみても面白そうです。

あとは《幻奏の音女セレナ》が天使族の2体分のコストとして使えるので第1楽章からアドバンス召喚を狙ってみてもいいですね。

第1楽章は出張で使われるかもしれません。

 

おわりに

今回のパック紹介はこんな感じです!

アイエエエエ!?ってカードはなかった印象です。
(忍殺ネタわかる人がどれだけいるのか…)
個人的には、今後、墓地より芽吹くものが規制されないかが心配です。こういうスキルでコンボできるのがリンクスのいいところだと私は思ってます。

 

以上、がりす。の新パック気になるカード考察&紹介でした!(*^_^*)/

Twitterのフォローも良かったらお願いします!

 


遊戯王ランキング

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

フューチャー・ホライゾン新パック考察!FUTURE HORIZON【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh!Duel Links】

目次

 

f:id:degu324:20191227152150j:plain

 

あいさつ

ドーモ、がりす。です!

1ヶ月ぶりの投稿になります。ブログを新調しようとしていまして、移動作業のため前回のパック考察記事をお休みしたのですが、新しいパックが来てしまいました。今回は年始のパックですから流石に考察記事は出したかった!ブログ新調まではもう少しかかりそうです笑(´ヮ`;)

そんなこんなで考察やっていきます。皆さん、去年の年始パックは覚えていますでしょうか?そう、去年は「コアキメイル」でした。かなり暴れましたよね。前回パックでは不知火が登場し環境にくい込んで来たようですが、今回の年始パックはそれよりもやばいんじゃないかと噂されていました。このためににジェムを溜め込んだ方もいるんじゃあないでしょうか。

2020年はどんなカードが活躍するか楽しみですね!
頑張って考察していきたいと思います!

今パックは、新テーマに「アーティファクト」「超重武者」「PSY」「ヒロイック」が登場し、過去テーマは「サイバードラゴン」「ジャンク」「ブラックマジシャン」が強化されました!

 

さっそく「フューチャー・ホライゾン FUTURE HORIZON」

見ていきましょう(。-`ω-)!

 

いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。
カード名をクリックすると遊戯王wikiに飛びます。

※ミス等ありましたら教えてくださると助かります。
(表記:NS→通常召喚、SS→特殊召喚、EF→効果発動、SyS→シンクロ召喚、FuS→融合召喚

 

FUTURE HORIZON 

www.konami.com

 

《閃珖竜 スターダスト》

f:id:degu324:20191227154101j:plain

汎用性B・必要性C・コンボ性B

ターン1のフリーチェーン効果

まずは表紙から行きましょう。漫画版のスターダスト・ドラゴンですね!

このカードの特徴は自分のカードを守れるところにあります。モンスターだけでなく、表側であれば魔法や罠カードも耐性を付与することができます。ただ、1ターンに1度だけであり、耐性を得るだけで相手の妨害にはならないので、自分のブラックローズドラゴンやつり天井に合わせて発動するのが良いと思います。

複数枚は必要ないですが1枚は持っておいて良いでしょう。

 

《トラゴエディア》

f:id:degu324:20191227160043j:plain

汎用性A・必要性B・コンボ性A

戦闘ダメージを受けた時SSできる手札誘発
ターン1でモンスター奪取とレベル変更ができる起動効果

制限カードなだけあって効果がモリモリです。ステータスは手札の枚数によって決まるので手札消費が少ないデッキや手札補充ができるデッキで活躍してくれそうです。一度戦闘ダメージを受けるので、同じ防御札であるクリボールやカイトロイドとは役割は異なります。コチラの役割はカウンターであり、③④の効果と合わせて盤面を取りに行ける点にあります。環境によって強さは変わりますがこのカード1枚で負けるなんてことはあり得ると思うので今後はこのカードの存在を念頭に置いたプレイングが重要になってくることでしょう。

妖仙獣やガジェットと相性がいいです。ガジェットは「除去ガジェット」としてOCGで一時期流行っていたので強さは証明済みです。(汎用除去カードが無いのが残念ですが...)

必要枚数は人によって変わりますが複数持っていてよいカードです。

 

 

《PSYフレームギア・ε》

f:id:degu324:20191228155152p:plain

汎用性A・必要性B・コンボ性C

「PSYフレームギア」は自分の場にモンスターがいないとき、相手の行動に合わせて、「PSYフレーム・ドライバー」と一緒にSSする手札誘発です。

f:id:degu324:20191228160712p:plain
f:id:degu324:20191228160456p:plain

アルファは相手の召喚・特殊召喚に合わせてSSします。発動条件は厳しめですが、《PSYフレーム・サーキット》と併せて7シンクロにつなげることが出来ます。

イプシロンは罠カードを無効にして破壊します。コチラは8シンクロにつなげることが出来ますね。アルファとイプシロンともに場にモンスターがいないことが条件なので、妖仙獣やスピリットデッキ、罠カード主体のバーンデッキなどで活躍が見込めそうです。

 

《PSYフレームロード・Ζ》

f:id:degu324:20191227161717j:plain

汎用性A・必要性B・コンボ性B

ターン1で相手と自身を除外するフリーチェーン
サルベージする墓地効果

新規テーマのPSYのシンクロですね。強力な汎用7シンクロが来ました。相手の特殊召喚された攻撃表示モンスターと自身を除外できるので、実質、通常召喚で2500打点を超えなければこのカードを倒すことが出来ないことになります。また、墓地効果はシンクロモンスターも回収できるので、このカードが2枚あれば永続的にシンクロ召喚できることになります。星7シンクロモンスターの中でもとても使いやすいカードなはずです。

Rカードですので2枚は持っておいていいと思います。

 

《アーティファクト-ロンギヌス》

f:id:degu324:20191227172012j:plain

汎用性B・必要性A・コンボ性B

アーティファクト」はモンスターですが魔法罠ゾーンにセットできる効果があり、そして、相手ターンに破壊されるとSSできます。アーティファクトと相性が良いスキルはサプライズプレゼントが思いつきます。

サプライズ・プレゼント
自分の魔法&罠ゾーンのセットカードを1枚を選択し、相手に送り付ける。このカードは自分しか確認できない。このスキルはデュエル中1度しか使用できない。

スキルでセットしたアーティファクトを送り付けて、「ダブルサイクロン」で自分のアーティファクトと共に破壊したら強そうです。

 

なかでも、ロンギヌスはリリースすると除外を封じる効果があります(手札からでもOK)。

  • コズミックサイクロンにチェーンして不発にする
  • 封印の黄金櫃にチェーンして不発にする
  • 召喚魔術にチェーンして融合召喚を不発にする
  • 霊獣の融合を封じる
  • クリストロンや不知火の墓地効果を封じる
  • フォーチュンレディパスティーのレベル変更させない
  • メタファイズの除外を封じる
  • 応戦するGにチェーンして除外させない

少し考えてみただけでもこれだけありました。環境テーマから環境外まで幅広くメタが効くカードだと思います。環境内では除外をメインギミックとして使わない「堕天使」が無理なく入りそうです。天使族でもあるのでスペルビアから蘇生できるのもいいですね。ブラフカードとしても機能しそうです。

 

《エンジェル・トランペッター》

f:id:degu324:20191228161308p:plain

星4チューナーの植物族通常モンスター

一見何の変哲もない通常モンスターですが、それでもコンボが可能なのがリンクスのいいところ。スキルがあります!植物族チューナーですので墓地より芽吹くものが相性いいですね。このカード1枚から4+2=6シンクロが可能です。

墓地より芽吹くもの
自分の墓地に「ダーク・ヴァージャー」が1枚置かれた状態でデュエルが開始される。

ダーク・ヴァ―ジャーをリリースして《超栄養太陽》からリクルートできるのもいいですね。

 

《巨大ネズミ》

f:id:degu324:20191228183611p:plain

以前もブログ記事で紹介した《ジャンク・アタック》を使ったリクル特攻。このカードの登場ですごいやりやすくなったかと思います。

《巨大ネズミ》⇒ 《ピラミッド・タートル》《ゾンビーナ》蘇生)⇔《巨大ネズミ》⇒《共鳴虫》《ドラゴンフライ》ガスタまたは、共鳴虫⇒《XX-セイバー エマーズブレイド》 

参考までに笑

 

《超重武者ダイ-8》

f:id:degu324:20191228164049p:plain

新規テーマの「超重武者」です!
超重武者は、墓地に魔法罠が存在しない状態に強い効果が多くフルモンスター構築が基本になります。主力モンスターは守備表示のまま攻撃できる効果をもったちょっと変わったテーマです。

がいます。
超重武者装留は手札・フィールドから装備カード扱いとして超重武者に装備できます。
ダイ8は自身の効果で超重武者装留をサーチ可能で、なかでもイワトオシとチュウサイは超重武者の核になります。

f:id:degu324:20191228170034p:plain
f:id:degu324:20191228170052p:plain

《超重武者装留イワトオシ》
場から墓地へ行くだけで超重武者をサーチ(ターン制限無し)
シンクロ素材・装備カード扱いからでも発動可能

《超重武者装留チュウサイ》
装備モンスターをリリースすることで超重武者をリクルート(名称ターン1)

 

 

イワトオシ(a)にチュウサイ装備→チュウサイ効果イワトオシ(b)リクルート、イワトオシ(a)効果ホラガEサーチ→ホラガE特殊召喚→イワトオシ(b)+ホラガEでシュテンドウGシンクロ召喚→イワトオシ(b)効果で超重武者サーチ
こんな感じでサーチとリクルートがとても豊富です。

f:id:degu324:20191228173215p:plain
f:id:degu324:20191228173228p:plain

超重武者は基本フルモンスターですので魔法罠を使わないことが多いです。ですので底なしの落とし穴などの裏にするカードでフタをされてしまうとキツイです。そのために墓地に魔法罠が残らないようなカードとは相性が良いです。

例えば伏せカードを破壊できる《ギャラクシー・サイクロン》とか。墓地に行けば表側のカードを破壊可能。自分のイワトオシを破壊することで自主的にサーチできます。

 

《超重忍者シノビ-A・C》《超重剣聖ムサ-C》はクリストロンで活躍してくれそうです。

f:id:degu324:20191228185228p:plain
f:id:degu324:20191228185235p:plain

f:id:degu324:20190723063056p:plain

クオン、シトリィ、リオンどれからでも出せるのでいろんなデッキに出張してみても面白そうです。
シトリィ+サルファフナーでシノビACをシンクロ召喚インパクトでサルファフナー帰還…みたいなこともできます。2800の壁はでかい!

 

《ラッシュ・ウォリアー》

f:id:degu324:20191228180438p:plain

《ジャンク・ウォリアー》と、今開催中のイベントで手に入る《スクラップ・フィスト》と組み合わせることでワンキルを狙うことが出来るので面白そうです。

f:id:degu324:20191228180433p:plain

ラッシュウォリアーの効果で最低でも攻撃力4600!
スクラップフィストでダメージ倍の貫通!

ジャンクシンクロン召喚から先ほど紹介した墓地より芽吹くものでジャンクウォリアーをシンクロ召喚するのが一番簡単そうです。

 

《オーバーロード・フュージョン》

f:id:degu324:20191228181924p:plain

墓地融合ができるフュージョン魔法

《未来融合-フューチャー・フュージョン》で墓地へモンスターを送り、このカードを使えば簡単に融合できます。出すモンスターは《キメラテック・オーバー・ドラゴン》になるでしょう。また、このカードは《竜魔導の守護者》でサーチできるので、デスペラードサイバーダークネオスデッキ通称DCDNにいれてみても面白いかもしれません。スキルは「サイバー流奥義」が一番使いやすいと思います。

 

おわりに

今回のパック紹介はこんな感じです!

ぱっと見、必須級といえるカードはなさそうですが、ロンギヌスやトラゴエディアといった汎用カードが環境にどう影響するのか、新テーマの超重武者がどこまで戦えるか見物ですね。

新年もよろしくお願いします!!!

 

以上、がりす。の新パック気になるカード考察&紹介でした!(*^_^*)/

Twitterのフォローも良かったらお願いします!

 


遊戯王ランキング

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

宝玉クリストロンで走ったKCカップ2019Nov.【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

あいさつ

ドーモ、がりす。です!
まずは、みなさんKCお疲れ様でした!

 

新しくBFや召喚獣が参入し、前回KCでも暴れまわった堕天使が、今回もしっかりと暴れまわってくれた環境でしたね。

先行ではソリティアで相手ターンでの妨害を構え、
後攻では除去・高打点でワンターンキルを狙う。
今のリンクスはかなり現代遊戯王に近づいているといえるでしょう。

 

ひとつ確実に言えることは、
時間が足りない。
私は勝ち確をタイムアウトで逃すのを3回くらいやりました(笑)

霊獣やクリストロンのようにくるくる動かすテーマは今の仕様では時間が足りないです・・・逆にタイムアウトで勝利するというのも何戦もありました。

 

スピードデュエルにしたいのもわかるが、システムでなく環境を変えてほしい。
切に思います…頼むよ運営さん!

さて、KC目標はいつものプレミアムチケット6枚入手!
そうつまり銀ボーダー越えです!それでは目次どーぞ

 

目次

 

KC結果

結果は!?

DPは77703で82位!やったぜ。

3個めの銀アイコンでした。

f:id:degu324:20191126163108p:plain
f:id:degu324:20191126181344p:plain

 

1位140,516DP
金ボーダー112,039DP
銀ボーダー77,083DP

f:id:degu324:20191126162946p:plain
f:id:degu324:20191126163003p:plain
f:id:degu324:20191126163012p:plain

 

KC使用デッキ

さて、私が何を握っていたかというと

そう、堕天使・霊獣・水晶機巧でした!

 

いや、時間が足りないとか言っておきながらそれ使うんかーいと思われる方もいると思いますが、私は残念ながらBFも召喚獣も組めないのです。仕方ないです。

f:id:degu324:20191126021636p:plain

残り123パックで出たURは0です。はい
(ゼラの天使はセレクションBOX)
悲しいね

 

・代償堕天使

f:id:degu324:20191126023323p:plain

f:id:degu324:20191126023337p:plain
f:id:degu324:20191126023100p:plain

DP3万ちょいまで代償堕天使を使っていました。

スキル代償で堕ちてくれたら嬉しいなと思ってコズミックサイクロンの枠はカイトロイドと入れ替えながらやっていました。

展開が早い堕天使はDP稼ぎにはうってつけでした。

墓所霊獣

f:id:degu324:20191126023032p:plain

f:id:degu324:20191126023801p:plain

岩に魂売ったり、磁石とかサブテラーに手を出して7万DPチャレンジから落ちて6万DPまでの1万DPを溶かした絶望の最中…ここで負けたら未来はねえ!!

と、強気に私の準デッキである霊獣を降臨。

タイムアウトが怖かったですが何とか7万DP越えを果たすことが出来ました。

・宝玉水晶機巧

THE本命

f:id:degu324:20191126024425p:plain

宝玉型のクリストロンを考えた私がこれでKCを走らない理由がない!そう心に誓いクリストロンで走ることは決めていました。

 

対象も取れず立ちはだかるコキュートス、チンパンプルガトリオコンセント、素材にされるサルファフナー、絶対流行るであろう墓所封印、先行BFネクロバレー、ただただ嫌な天岩戸。

あらゆる苦手を想定していました。
正直、クリストロンじゃこの環境は生き抜いていけないと思われる程にカオスでした。それを裏付けるようにKCでクリストロンを使っていた人しかも上位の人は数える程でした。

結果を残した水晶は私が確認した中では、
うずまきさんの墓所水晶、シンヤさんの上昇水晶、そして私の宝玉水晶でした。

KC中ミラーを踏んだのは1人、2人でしたね。

 

それでも私は水晶を信じ、3万DP~7万弱、7万2千~最後の7万8千弱までもっていくことが出来ました。

f:id:degu324:20191126032234p:plain
f:id:degu324:20191126032248p:plain

 

◇さて、構築の話をしましょう。

宝玉型の最大の強みは、事故率が非常に低いという所です。
サルファフナー入りすると水晶は爆発的な展開力を生み出せますが、このデッキはサル・リサイクラー・シストバーンを引ければそれが成立します。
シストバーン1枚でもスキルでサルを落として展開することが可能です!

f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain

よく勘違いして、「事故札である宝玉カード2枚もいれて30枚構築とかww事故率増やして何がしたいの?ww」っていう人がいるんですが、この構築において初手で宝玉を2枚とも引く確率は2%未満です。100戦やって2回あるかかないかです。それに加え、上記の9枚を引く確率は78%。チューナー+非チューナー展開においては9割以上を叩き出します。

つまり何が言いたいのかというと、
皆さんが感じている以上に、宝玉のメリット>事故率というわけです。

 

前回のクリストロン記事の構築と比べ、変わっているところは、

まずエクストラのヴァーミリオンがデストロイサムライに変わっています。それに伴い、使用頻度が減ったデッキのシトリィとローズニクス(鳥)を1枚ずつ減らしました。

サムライの理由は対天岩戸が挙げられます。
デュエルスタンバイのスキルが見えたら先行でサムライを立てます。こうすることで天岩戸パーミに対抗が可能でした。一般的には天岩戸は不利と言われていますが実際の勝率は五分に落ち着いていたと思います。

つぎに、サルファフナーとリサイクラー、(やっと手に入れた)シストバーンが増えています。これは、KCカップという長期間のデュエルにおいては初手で動けないというのは死を意味するので初動は絶対、そういった理由で動ける確率を上げました。

あとは、カウンター罠である神の摂理を入れました。海外の大会であるMCSで結果を出した宝玉水晶にこの摂理が入っていまいた。実際この摂理は幾度となく私を助けてくれました。

宝玉獣をカワイイであるルビーちゃんにしたのも忘れてはいけません。召喚魔術に吸われない光属性☆3でとても重要です。

 

◇このデッキの自由枠は、巡る2、暗闇ミラー1、摂理3の6枚になります。あとの24枚は固定枠になります。

この自由枠は非常に悩みました。最初はコズミックサイクロンで走っていたのですが、相手のカードを除去するより、自分の動きを通すための摂理、そして召喚獣のダメステコンセントを止められる巡るが輝きました。

f:id:degu324:20191126032743p:plain
f:id:degu324:20191126032757p:plain
f:id:degu324:20191126155841p:plain
f:id:degu324:20191126032804p:plain
f:id:degu324:20191126032751p:plain
f:id:degu324:20191126045448p:plain
f:id:degu324:20191126032818p:plain
f:id:degu324:20191126032809p:plain

自由枠の入れ替え候補ですが、ここが該当すると思います。

おなじクリストロンを研究しているTwitterのグループがあってKC中その時私より上のDPだった方にあまのじゃくがいいかもということで何戦か試していました。しかしダメステでは打てないこと、罠であることが理由で辞めました。

巡るは最初はコキュートスに効かないという理由でためらっていました。結局巡るに落ち着いたわけですが、実際私は、パルスとコズミックとコンセントはよく入れ替えながら使っていました。やはり一番みなければならなかったのが召喚獣のダメステアレイスターコンセントです。

供物は上位ランカーの堕天使使いや銀ボーダー近くの水晶使いの方々が採用していたのでありなのかなと思いました。

聖槍は正直わすれていました(笑)
気づいたのがKC終わりのTwitterのTL、KC中に気づくことが出来ていたらもっとDPを伸ばせていたはずです。ですので、構築は微妙ながら変えていくと思います。

 

◇クリストロンに興味を持った方は、是非過去記事をご覧になっていただけると嬉しいです。詳しい展開方法が引くほどびっしりと記載されています笑

第1弾記事(強化前)
・チューナー構えの展開方法
・アメトリクスからグリオンガンド
展開まで

degu324.hatenablog.com

第2弾記事(強化後)
・初手グリオンガンド展開ルートまとめ
インパクト構え展開ルートとその後の展開

degu324.hatenablog.com

 

リプレイ

KC中のリプレイがあるのでよかったら見てみてください(とても長いです)

メンテナンスで皆リプレイ消えてるみたいですが私はしっかりリンクを残していまいた。以前、最大回復量チャレンジで痛い目を見たので残しておいてよかったww

 

vsセレブ堕天使

duellinks.konami.net

vsBF

duellinks.konami.net

vs水晶ミラー

duellinks.konami.net

 

おわりに

以上が、私の今KCカップのまとめでした。

あれだけクリストロンについて熱く語っといて、クリストロンで結果出せないのはいかんという事で覚悟は決めていました。それでも最初は不安でしかたがなかったですが、最後まで頑張ってよかったなと思いました。

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

 ⇓⇓人気ブログランキング登録してみました!⇓⇓ 

クリックするとランキングが上がります!
応援よろしくお願いします。


遊戯王ランキング

 

あとがき

巷ではあとがき有料なるものが流行っていますが、私のブログは無料ブログ(しかも無収益)です。

そこで何かしたいなーと私は考えた。そうクイズとか?

あとがきクイズとかしたら面白そうかなーなんて…

 

てことでクイズします。(唐突)

今回はクリストロンで成果をだせた!という事でクリストロン関連の問題です。この問題は日ごろから水晶を使ってないと気づけない問題になっています。

難易度はSS。真のクリストロン使いなら答えられて当然でしょう!

f:id:degu324:20191126041257p:plain

まずは画像をご覧ください

相手は先行でサブテラーです
結果から言うと伏せカードは決戦でした。
戦士決戦という最強盤面で確実にリグリア―ドまで展開されそうです…

そこで私はブラックローズドラゴンのS召喚でぶっぱしようと考えました。
でもブラロの構え(チューナー+非チューナーの構え)をしたら2体目が出たところでリグリア―ドで妨害・除去されちゃうし…
しかし、私はブラロぶっぱをすることに成功しました。

Q,さて一番安全なブラロ展開ルートは何でしょうか?なぜ妨害されずに済んだのかもお答えください。

補足しますと、スキルは受け継がれる宝玉で、デッキレシピは記事にのっているものです。2ターン目つまり後攻1ターン目であるこのターン中にブラロ着地を狙います。私はこの方法でKCの死線を潜り抜けてきました。

 

解答方法は私にTwitterからDMで送ってください。

がりす。@遊戯王DuelLinks (@gallis324) | Twitter

リプライは公開されちゃうので✕ 
解答お待ちしております!

 

 

エアリアル・アサルト新パック考察!AERIAL ASSAULT【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh!Duel Links】

目次

 

遊戯王 デュエルリンクス エアリアル・アサルト

 

あいさつ

ドーモ、がりす。です!

新パックが来てます!

今回のパック一言で表すと「やってんなぁ!」って感じ。まさかの表紙がゼピュロス笑メインパックですのでサクサク紹介していきたい。

  

今パックは、「BF」「インゼクター」「帝」「シンクロン」などが強化されました。いつもカードの紹介みたくなってしまっているので頑張って考察していこうと思います!

 

さっそくエアリアル・アサルト AERIAL ASSAULT」見ていきましょう(。-`ω-)!

 

いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。
カード名をクリックすると遊戯王wikiに飛びます。

※ミス等ありましたら教えてくださると助かります。
(表記:NS→通常召喚、SS→特殊召喚、EF→効果発動、SyS→シンクロ召喚、FuS→融合召喚

 

AERIAL ASSAULT

 

www.konami.com

 

《ジェット・シンクロン》

f:id:degu324:20191110153847p:plain

まずはこのカード!「シンクロン」の代表格!通称ジェットロン

必要性A・汎用性A・コンボ性S

①の効果と②の効果がありますが、1ターンにいずれかしか使えません。主に使われるのは②の効果です。《ゾンビキャリア》のように墓地から蘇生できる☆1チューナー。あちらと違って手札を墓地に送ることが出来るのでコンボの幅はこちらの方が上です。

f:id:degu324:20191110160512p:plain

公式のHPには、スキルのフィールド魔法にゼピュロスとジェットロンで☆5シンクロを狙おうと書いてありますね。

もう少し掘り下げるなら…こいつ機械族なんですよ
そう、機械族といえば…

f:id:degu324:20191026041730p:plain

こいつ!万能すぎる《スクラップ・リサイクラー》

リサイクラーNS→ジェットロン墓地へ→ジェットロンEFゼピュロスコストに自己蘇生→ゼピュロスEFリサイクラー戻して自己蘇生→1+4=☆5シンクロ

リサイクラーNS→ジェットロン墓地へ→ジェットロンEFゼピュロスコストに自己蘇生→ゼピュロスEFフィールド魔法戻して自己蘇生→1+4+3=☆8シンクロ

といった動きもできます!

他テーマで言えば、クリストロンや代償堕天使とかでも使えると思います。
とりあえず1枚は入手しておきましょう!様々な場面で活躍します。

 

 《氷結界の龍 ブリューナク》《ダークエンド・ドラゴン》

f:id:degu324:20191110201138p:plain
f:id:degu324:20191110201127p:plain

汎用性A・必要性B・コンボ性B

ステータスはそこまで高くないですが、どちらも非常に優秀な効果を持ったシンクロモンスターで条件も緩いです。対象に取ってしまうところは注意ですが、ブリューナクはバウンス、ダークエンドは墓地送りです。1枚は入手しておきたいカード!

 

《召喚獣プルガトリオ》

f:id:degu324:20191110153828p:plain

来ちゃったか―w 炎属性版の召喚獣です。
全属性の中でもコイツは飛びぬけてヤバい奴です。

召喚獣なら必要性S

貫通持ちの全体攻撃で相手のカードの数だけパンプアップします。平気でライフを削り取っていくので悪魔族なのは間違いないです。

f:id:degu324:20191110163807p:plain

今流行りのコンセントワンキルにはより一層気を付けたいですね…(>_<)

さて、炎属性版が来たという事で炎属性テーマと召喚獣の組み合わせも出てくることでしょう。そこで、今までの炎属性テーマを洗い出してみます。

ジュラック、炎星、炎王、陽炎獣、エヴォル、フレムベル、ヴォルカニック、ラヴァル、結構ありますね。中でも相性がよさそうなのはヴォルカニックとラヴァル。

f:id:degu324:20191110165018p:plain
f:id:degu324:20191110165144p:plain
f:id:degu324:20191110165151p:plain

《ヴォルカニック・バレット》は、墓地にあれば同名カードをサーチできて、継続的な手札コストとして使える。コストで500ライフを払うのでスキルのトリガーにもなってくれそうです。

ラヴァルは《炎熱伝導場》で墓地にラヴァルを送ることが出来ますし、チューナーのラヴァルは除外された後も、《ラヴァル・キャノン》からS召喚できるので相性がよさそうです。チューナーのレベルも1・2・3といるので5・6・7のシンクロがしやすいです。《氷結界の龍 ブリューナク》も出せるので《召喚獣コキュートス》の素材にもなりますね。ラヴァルについては以前のパック考察記事でも触れているのでそちらを読んでみてください。

f:id:degu324:20190219054544p:plain
f:id:degu324:20190219054551p:plain
f:id:degu324:20190219054557p:plain

degu324.hatenablog.com

単品のカードなら、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》は腐っても素材にできるし、《ブラック・ローズ・ドラゴン》で全破壊した後素材にしてプルガトリオまでつなげられる。ジェットロンも手札から素材にすれば墓地効果でS召喚につなげることが出来る。

f:id:degu324:20191110171000p:plain
f:id:degu324:20191110165901p:plain
f:id:degu324:20191110153847p:plain

 

《スポーア》

f:id:degu324:20191110191630p:plain

汎用性B・必要性B・コンボ性A

セレクションボックスのカードがここで遂に登場しました。そんなに必要性はないけど持ってたらいいね程度です。ですが何気にこのカードコンボがなかなかに面白いので取り上げました。

十六夜アキ」のスキルに「墓地より芽吹くもの」があります。
自分の墓地に「ダーク・ヴァージャー」(植物族・☆2・地・0/1000)が1枚置かれた状態でデュエルが開始される。というスキルですが、スポーアと相性がとてもいいです。

スポーアNS→ヴァ―ジャー蘇生→☆3ゴヨウ・ディフェンダーS召喚→ゴヨウ・ディフェンダーEFでもう1体のゴヨウ・ディフェンダーエクストラデッキからSS→スポーアEF墓地のヴァ―ジャー除外し☆3で自己蘇生→3+3+3=☆9シンクロ

f:id:degu324:20191110191630p:plain
f:id:degu324:20191110192913p:plain
f:id:degu324:20191110192530p:plain
f:id:degu324:20191110192511p:plain
f:id:degu324:20190124154949j:plain

といった動きがスポーア1枚からできるのでとても面白いです。

 

《BF》

f:id:degu324:20191110153839p:plain
f:id:degu324:20191110153854p:plain
f:id:degu324:20191110154019p:plain

BF強化が来てなかなか強いカードが実装されました。BFは特殊召喚に長けており、シンクロモンスターを並べ数で圧倒する戦法を得意とします。

 

特に、《BF-精鋭のゼピュロス》は自分の表側表示のカードを手札に戻す事で自己再生が可能で汎用性もかなり高めです。
汎用性S・必要性A・コンボ性S
「1ターンに1度」などの効果を持ったカードを手札に戻すことで繰り返し使うことが出来たりと、その使いやすさはBFにとどまりません。このカードは1枚は必ず入手しておきましょう。

 

《BF-疾風のゲイル》特殊召喚できる能力に加えて相手の攻守を半減する効果がめちゃくちゃ強いです。単体だけでステータス2600までを相手にできて、なおかつチューナーです。その1300という攻撃力ゆえに《黒い旋風》から容易にサーチができます。《BF-黒槍のブラスト》NS→黒い旋風EF攻撃力1700未満サーチ→ゲイルサーチSS→☆7S召喚といった具合に、BFは簡単にシンクロ召喚が可能です。

f:id:degu324:20191110195646p:plain
f:id:degu324:20191110195445p:plain
f:id:degu324:20191110153854p:plain


《BF-毒風のシムーン》は、《黒い旋風》をデッキから直接置く事ができるBF。
そのまま自身を召喚でき、攻撃力1600未満のBFのサーチまでスムーズに行う事ができる。←召喚権は使ってないです、あくまで自分の効果で召喚しています。
発動条件故に中盤以降腐る事も少なくないですが、発動できればデッキの回転率を上げる事ができます。

f:id:degu324:20191110154019p:plain
f:id:degu324:20191110195445p:plain
f:id:degu324:20191110210146p:plain
f:id:degu324:20191110203324p:plain
f:id:degu324:20191110202708p:plain
f:id:degu324:20191110201127p:plain

シムーンEF旋風サーチNS→旋風EF《BF-極北のブリザード》サーチ→ブリザードNS→旋風EF《BF-突風のオロシ》サーチ→オロシSS→シムーン+オロシ=《BF T-漆黒のホーク・ジョー》S召喚→ホークジョーEFシムーン蘇生→シムーン+ブリザード=☆8S召喚 といったことが出来ます!

 

また、孔雀舞のスキルでフィールド魔法《ハーピィの狩場》を張れば、BFの攻守が200上がるので、黒い旋風の範囲を広げることが出来ます!

シムーンでサーチした黒い旋風はうまくゼピュロスで回収してデメリットを回避したいですね!BFはなかなか動けるようになったと思います!

 

《転生の予言》《騒々虫》《メンタルドレイン》

f:id:degu324:20191110193604p:plain
f:id:degu324:20191110193706p:plain
f:id:degu324:20191111004633p:plain

「メンタルドレイン」は、手札のモンスターが効果を発動できなくなる効果を持ってます。今流行りの堕天使や召喚獣のアレイスター、クリボールなどの手札誘発を封じることが出来ます。

相手を妨害するカードとしてサイド制の大会などで使用してみてもよいかもしれません。「転生の予言」は墓地利用のデッキに対して、「騒々虫」はシンクロデッキに対してのレベル合わせ妨害として一役買ってくれそうです。

 

おわりに

今回のパックは3周するかはとりあえず様子見でいいと思いますが、1枚は取っておきたいカードが複数あるので1周はしていい良パックだと思います!

 

 

以上、がりす。の新パック気になるカード考察&紹介でした!(*^_^*)/

Twitterのフォローも良かったらお願いします!

 


遊戯王ランキング

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

全ての水晶機巧使いに捧ぐ。【Crystals Crystrons All Rutes】 強化実装後クリストロン展開ルートまとめ

 ※これは遊戯王デュエルリンクスの記事です。

 

こんにちは、がりす。です

「水晶機巧(クリストロン)」の強化が来ましたね!

新規が実装されたことで、展開ルートが増え、さらに戦略の幅が広がりました。それに伴って回し方や戦い方が変わったところがあるのかなと思います。

クリストロンの展開に深くまで触れている動画や記事は見られなかったので、前回同様、今回も展開まとめ記事を書くに至りました。

このまとめで少しでもクリストロンを使う人の手助けとなれば幸いです(*'▽')
ぜひ辞書として使っていただければ!

 

※この記事は第二弾です!

⇓⇓クリストロンって何?回してみたいけどさっぱりなんだけど!って方はまずコチラの前回の記事を読んでどんなものかイメージをつかんでみてください。⇓⇓

degu324.hatenablog.com

 

この記事では

・クリストロンの新規実装

・クリストロンのおさらい

・エクストラの攻めと守り

・展開ルート

・環境考察

について書きます。よろしくお願いします!

 

目次

 

前置き

・表記について

チューナー、非チューナーという単語が出てくると思いますが、クリストロンのチューナー(クオン、シトリィ、リオン)クリストロンの非チューナー(サルファフナー以外の4種)のことです。長いので省略しました。

 

・OCG民のために、リンクスのルールについてお話ししておきます

  • LP4000
  • 初期手札4枚
  • デッキ20~30枚
  • モンスターゾーン3枚・魔法罠ゾーン3枚
  • EX枠最大6枚
  • スキル(独自ルール)がある
  • 現在、X・Lモンスター、Sチューナー実装されていません

以上のルールがあります。ご注意ください。

 

 

クリストロンの新規

さて、クリストロンの新規ですが何が実装されたのかといいますと、モンスターカードと罠カードの2種類があります。

《水晶機巧-シストバーン》

f:id:degu324:20191023221241p:plain

下級の共通効果と墓地除外で水晶機巧のサーチができます

◇《水晶機巧-サルファフナー》のコストになった後、シンクロ素材などに使った後に効果を使うことでアドバンテージを稼げます。同じサーチャーである《水晶機巧-スモーガー》と比べて、サーチ対象が枯渇しにくいので後述する《クリストロン・インパクト》で除外から再利用する価値も高いですね!

◇レベル3ですので、《水晶機巧-シトリィ》と共に《水晶機巧-アメトリクス》のS召喚に使われます。攻撃力1500なのも魅力的で、アメトリクスと合わせて1500+2500=4000でキルをとることが可能です。

《クリストロン・インパクト》

f:id:degu324:20191023221315p:plain

①クリストロンを除外から帰還する効果&相手の守備力を0にする

②対象に取られたとき墓地除外効果で無効にする

◇帰還効果は非チューナーの共通効果と相性が良く、特に《水晶機巧-スモーガー》はこのカードをサーチできるため、スモーガー除外効果→インパクトサーチ→インパクト発動スモーガー帰還→スモーガーをシンクロ素材として墓地へ→スモーガー除外効果…といった具合に1枚で使いまわせます。

◇守備力を0にする効果は、《水晶機巧-アメトリクス》の守備表示効果と一緒に使うことで真価を発揮します。アメトリクス効果で守備表示に→インパクトで守備力を0にといった具合です。

◇墓地除外効果は、対象を取る効果限定ですが、魔法・罠・モンスター効果の区別なく使えるため守備範囲は中々に広いです。《エネミー・コントローラー》や《星遺物を巡る戦い》、クリストロンが苦手な《バージェストマ・カナディア》などを防げます!このカードを墓地に置いておくだけでも相手の行動を抑制することが可能です。

 

クリストロンのおさらい

ここでクリストロンのおさらいをしておきましょう。

カードの効果説明で尺とってもしょうがないので、前からあるクリストロンについてはさらっと復習しておきましょう。

チューナーモンスター

f:id:degu324:20190720212433p:plain

《水晶機巧-クオン》《水晶機巧-シトリィ》 《水晶機巧-リオン》
チューナーは相手ターンにS召喚できる効果をもっていますね。

非チューナー

f:id:degu324:20191026001412p:plain
共通効果:場のカードをチューナーに変換できる

⇓⇓虎でサーチするカード⇓⇓

f:id:degu324:20191023221315p:plain
f:id:degu324:20190711050405p:plain

※エントリーよりインパクトの方が需要が高いです。

サルファフナー

f:id:degu324:20190711032514p:plain

《水晶機巧-サルファフナー》
→通称サル。やはりこいつがクリストロンの要です。こいつがいないとクリストロンは始まりません。

墓地肥やし

f:id:degu324:20191026041730p:plain
f:id:degu324:20191026040407p:plain
f:id:degu324:20191026040414p:plain

《スクラップ・リサイクラー》《ジェネクス・ウンディーネ》

ウンディーネはコストで墓地肥やし、ジェネコン(チューナー☆3)を加え手札を増やすことが出来るのが優秀です。効果を無効にされても墓地肥やしを通すことが出来ます。

シンクロモンスター

f:id:degu324:20190711041850p:plain
f:id:degu324:20190711032624p:plain

《水晶機巧-アメトリクス》

・相手ターンにS召喚すことで相手の攻撃を抑止できる

・自分のターンに非チューナーの①効果で破壊すると、デッキからチューナーSS+墓地から蘇生で展開が可能

《水晶機巧-グリオンガンド》

・S召喚したときに相手のモンスターを3枚除外できる

・効果で破壊されることで相手の除外モンスターをパクることができます

・このカードをS召喚するのには、

  • 4(鳥)+3(リオン)+2(シトリィ)
  • 3(龍・虎)+3(リオン)+3(リオン)
  • 5(アメトリクス)+2(シトリィ)+2(シトリィ)

ですることが基本になります。

使えるシンクロモンスター

f:id:degu324:20191026054246j:plain
f:id:degu324:20191026054227j:plain
f:id:degu324:20191026053820p:plain
f:id:degu324:20191026055305j:plain
f:id:degu324:20191026055318j:plain
f:id:degu324:20191026055333j:plain
f:id:degu324:20191026054141p:plain
f:id:degu324:20191026054235j:plain

現時点でエクストラに入る余地があるカードたちです
《ブラック・ローズ・ドラゴン》《氷結界の龍 グングニール》《鬼動武者》《カラクリ将軍 無零》《甲化鎧骨格》《白闘気海豚》《超念導体ビヒーマス》《灼銀の機竜》
クリストロンはエクストラの枠が狭いのでしっかりと厳選していきたいですね!

 

エクストラの攻めと守り

展開ルートの前にクリストロンの攻めと守りについてお話したいと思います。よく「クリストロンの回し方・立ち回りが分からない、教えてください」「タイムアウトする、時間が足りない」との声を多数いただくのでここで回答したいと思います。
(※あくまで個人的な意見です)

◇ゴールを意識する
回しきれない人の大半はここの意識が薄いためだと思います。クリストロンに限らず、ソリティア系のデッキにも言えることですが、なにを出したいのかゴールを見据えていない方は途中で分からなくなってしまいがちです。何を出したいのかゴールをはっきりとさせましょう。

◇攻めと守りを意識する
では、S召喚がゴールだとして、何を出していいのかわからないって人はここを意識するようにしてみてください。クリストロンは攻め(自分のターン)と守り(相手ターン)がはっきりしています。

  1. 自分のターンで相手のカードを除去・ライフを削る。
  2. 相手のターンでしのぐ・リクルートします。

〇攻めのカード
クリストロンにおける攻めのカードとは相手のカードを除去する効果を持ったカードですよね。自分のターンには除去を狙います。

f:id:degu324:20191026060904p:plain
f:id:degu324:20191026054246j:plain
f:id:degu324:20191026054227j:plain
f:id:degu324:20191026054235j:plain

〇守りのカード
これを相手ターンに出せるか出せないかで大きく勝敗が変わります。相手ターンにはチューナーを用意しS召喚をできるようにしておきましょう。

f:id:degu324:20191026061750p:plain
f:id:degu324:20191026055318j:plain

〇どちらにも有効
以下のカードはどちらにも有効です。場持が良く、テーマによっては1枚で盤面を優位にしてくれます。白イルカは除外を行わない脳筋相手にとても強く、何度でも蘇生します。ビヒーマスは守備が固い相手を有無を言わさず除外し、相手が1体なら攻撃をけん制することもできる。サムライは相手のブラックローズに反応してS召喚できれば復活しますし、攻めには苦手なリバースも無効にします。

f:id:degu324:20191026055333j:plain
f:id:degu324:20191026054141p:plain
f:id:degu324:20191026053820p:plain

◇時間が足りない
これに関しては、今のリンクスの持ち時間の仕様上、タイムアウトしても仕方ない部分もあります(私もよくやります)が、自分のターンではチェーンをOFFにしたりと対策はある程度可能です。他にも、上で言ったゴールを意識することで悩む時間を大幅に減らすことが出来ます。ここは練習あるのみだと思います。是非、展開ルートをみて学んでください。持ち時間増やしてコンマイ

 

 

展開ルート

展開ルート前置き

さて、クリストロンのおさらいはここまでです。

展開ルートをいきなり紹介する前に、どんな盤面が強いのか、どんな盤面で構えられたら相手は嫌なのかを考えてみたいと思います。

 

前回の記事では「チューナー+非チューナー」の展開ルートをまとめ、相手ターンでのアメトリクスやパワードを意識していました。

新規にシストバーンが増え、チューナー+非チューナー」構えのルートは莫大に増えましたが、その本質(相手ターンにアメトリクスパワードを立てるというゴール)に関しては変わりません。そうなると、実際やることは単純です。

  • クオン+手札に(☆4鳥☆5サル のどれか
    f:id:degu324:20191106143816j:plain
    f:id:degu324:20191027185423j:plain
    f:id:degu324:20191027185307j:plain
  • シトリィ+墓地に(☆3龍・虎・墓地肥やし☆4鳥 のどれか
    f:id:degu324:20191027201140j:plain
    f:id:degu324:20191027194327p:plain
    f:id:degu324:20191027185404j:plain
    f:id:degu324:20191101055208j:plain
    f:id:degu324:20191027185423j:plain
  • リオン+除外に(☆2亀☆3龍・虎・墓地肥やし のどれか
    f:id:degu324:20191027201126j:plain
    f:id:degu324:20191027185345j:plain
    f:id:degu324:20191027194327p:plain
    f:id:degu324:20191027185404j:plain
    f:id:degu324:20191101055208j:plain

のいずれかを意識すればよいのです。

 

ですので、この記事では別の展開ルート(ゴール)をまとめたいと思います。

やはり、新規を得て強いのが《クリストロン・インパクト》を絡めた展開です。

この相手ターンでのインパクト発動による除外ゾーンからの帰還でのリソースの確保&守備0にする戦闘補助、自分にターンが帰ってきてからの墓地効果による対象効果の無効がめちゃめちゃ強いです。

流れのイメージとしては、「チューナー+インパクト」構え⇒相手ターンアメトリクス・パワード+インパクト⇒自分のターングリオンガンド・ブラックローズetc.です。

f:id:degu324:20191027201140j:plain
f:id:degu324:20191027194343p:plain
f:id:degu324:20191027203054j:plain
f:id:degu324:20191027201700j:plain

この記事ではこれをまとめていきます。また前回同様、初手でのグリオンガンド展開ルートはまとめたいと思います!

 

以上、この記事では

  • グリオンガンドをS召喚するまでの展開方法
  • 相手ターンインパクトを絡めた展開方法

を記したいと思います。

 

例によって・・・クリストロンのカードを

①サルファフナーorスクラップリサイクラ

②非チューナー4種

③チューナー2種

この3種類に分けて、

  • ①1枚②2枚 計3枚
  • ①1枚②1枚③1枚 計3枚
  • ①2枚②1枚 計3枚
  • ①2枚③1枚 計3枚

この4パターンを書きました。

 

また、サルファフナーの、

(1)の効果でSSしたサルファフナーを自爆させ、

(2)の効果でデッキのクリストロンをリクルート

という言葉が省略されてます。普通こうやって使うので問題ないと思います。

 

  • →・・・次の流れ
  • ⇒〇〇〇・・・相手ターンで出せるシンクロ
  • ルートが分岐するときは①・②などで示します。
  • 手札3枚あるのに2枚と同じルートになるもの、書く意味が無いもの、不可能な組み合わせは基本省いています。
  • もっと良いルートや間違いもあると思います、コメントかツイッターで是非教えてください。

水晶機巧使いの者がりす。 (@gallis324) | Twitter

 

では行こう! 

 

グリオンガンド展開ルート

グリオンガンドのS召喚の方法は難しく思われがちですが、基本的には432シンクロ333シンクロ522シンクロに行きつきます(今回のまとめに522Sは使われないです)。抑えておきましょう。

・432S
 4(鳥)+3(リオン)+2(シトリィ)=9(グリオンガンド)

f:id:degu324:20191027185423j:plainf:id:degu324:20191027201126j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plainf:id:degu324:20191027201700j:plain

・333S
 3(龍・虎)+3(リオン)+3(リオン)=9(グリオンガンド)

f:id:degu324:20191027185404j:plainORf:id:degu324:20191027194327p:plainf:id:degu324:20191027201126j:plainf:id:degu324:20191027201126j:plainf:id:degu324:20191027201700j:plain

・522S
 5(アメトリクス)+2(シトリィ)+2(シトリィ)=9(グリオンガンド)

f:id:degu324:20191027203054j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plainf:id:degu324:20191027201700j:plain

 

サルファフナー展開

①サル+亀+虎
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plain
  • 亀コスト龍SS→虎NS→虎EF龍破壊リオンSS→龍除外EF鳥サーチ→亀除外EF鳥SS→鳥EF
    →①虎破壊シトリィSS→432S
    →②鳥破壊リオンSS→333S
②サル+亀+龍
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain
  • 亀コスト虎SS→龍NS→虎EF龍破壊リオンSS→龍除外EF鳥サーチ→亀除外EF鳥SS→鳥EF
    →①虎破壊シトリィSS→432S
    →②鳥破壊リオンSS→333S
  • 龍コスト鳥SS→亀NS→鳥EF亀破壊リオンSS→龍除外EF虎サーチ→亀除外EF虎SS→虎EF
    →①虎破壊シトリィSS→432S
    →②鳥破壊リオンSS→333S
③サル+亀+鳥
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027185423j:plain
  • 亀コスト龍SS→鳥NS→鳥EF龍破壊リオンSS→龍除外EF虎サーチ→亀除外EF鳥SS→鳥EF
    →①虎破壊シトリィSS→432S
    →②鳥破壊リオンSS→333S
  • 鳥コスト(①虎②龍)SS→亀NS→鳥EFトークンSS→亀EFトークン破壊リオンSS→(①虎②龍)EF亀破壊リオンSS→333S
④サル+虎+龍
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain
  • 龍コスト
    ①亀SS→龍除外EF鳥サーチ→虎NS→虎EF亀破壊リオンSS→亀除外EF鳥SS→鳥EF
    →③虎破壊シトリィSS→432S
    →④鳥破壊リオンSS→333S
    ②鳥SS→龍除外EF亀サーチ→亀NS→鳥EF亀破壊リオンSS→亀除外EF虎SS→虎EF
    →③虎破壊シトリィSS→432S
    →④鳥破壊リオンSS→333S
⑤サル+虎+鳥
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027185423j:plain
  • 鳥コスト(①亀②龍)SS→虎NS→鳥EFトークンSS→虎EFトークン破壊リオンSS→(①亀②龍)自壊リオンSS→333S
⑥サル+龍+鳥
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plainf:id:degu324:20191027185423j:plain
  • 龍コスト
    ①亀SS→龍除外EF虎サーチ→虎NS→虎EF亀破壊リオンSS→亀除外EF鳥SS→鳥EF
    →③虎破壊シトリィSS→432S
    →④鳥破壊リオンSS→333S
    ②虎SS→龍除外EF亀サーチ→亀NS→虎EF亀破壊リオンSS→亀除外EF鳥SS→鳥EF
    →③虎破壊シトリィSS→432S
    →④鳥破壊リオンSS→333S
  • 鳥コスト(①亀②虎)SS→龍NS→鳥EFトークンSS→龍EFトークン破壊リオンSS→(①亀②虎)自壊リオンSS→333S
⑦サル+亀+シトリィ
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plain
  • 亀コスト龍SS→シトリィNS→龍+シトリィ=アメトリクスS→龍除外EF鳥サーチ→亀除外EF鳥SS→鳥EFアメトリクス破壊リオンSS→アメトリクスEFシトリィ蘇生→432S
⑧サル+龍+シトリィ
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plainf:id:degu324:20191027201140j:plain
  • 龍コスト亀SS→龍除外EF鳥サーチ鳥NS→鳥EF亀破壊リオンSS→亀除外EFシトリィSS→432S
  • 龍コスト鳥SS→龍除外EF亀サーチ亀NS→鳥EF亀破壊リオンSS→亀除外EFシトリィSS→432S
⑨サル+龍+リオン
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plainf:id:degu324:20191027201126j:plain
  • 龍コスト亀SS→龍除外EF虎サーチ→虎NS→虎EF亀破壊リオンSS→亀除外EFリオンSS→333S
  • 龍コスト亀SS→龍除外EF鳥サーチ→鳥NS→鳥EF亀破壊シトリィSS→亀除外EFリオンSS→432S
⑩サル+鳥+リオン
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185423j:plainf:id:degu324:20191027201126j:plain
  • 鳥コスト虎SS→リオンNS→鳥除外トークンSS→龍EFトークン破壊リオンSS→333S
  • 鳥コスト龍SS→リオンNS→鳥除外トークンSS→龍EFトークン破壊リオンSS→333S

リサイクラー展開

⑪リサイクラー+亀+虎
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plain
  • リサイクラーNSサル→亀コスト
    ▸ルート①龍SS→亀除外EF虎SS
    →③虎残しリサイクラー龍破壊リオンリオンSS→333S
    →④龍残しリサイクラー虎破壊リオンリオンSS→333S
    ▸ルート②鳥SS→亀除外EF虎SS
    →⑤虎残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →⑥鳥残しリサイクラー虎破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNSサル→亀コストリサイクラー破壊→亀除外虎SS→虎EFサル破壊リオンSS→サルEFリオンSS→333S
⑫リサイクラー+亀+龍
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain
  • リサイクラーNSサル→亀コスト
    ▸ルート①虎SS→亀除外EF龍SS
    →③虎残しリサイクラー龍破壊リオンリオンSS→333S
    →④龍残しリサイクラー虎破壊リオンリオンSS→333S
    ▸ルート②鳥SS→亀除外EF龍SS
    →⑤龍残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →⑥鳥残しリサイクラー龍破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNSサル→亀コストリサイクラー破壊→亀除外龍SS→龍EFサル破壊リオンSS→サルEFリオンSS→333S
⑬リサイクラー+亀+鳥
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027185423j:plain
  • リサイクラーNSサル→亀コスト
    ▸ルート①虎SS→亀除外EF鳥SS
    →③虎残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →④鳥残しリサイクラー虎破壊リオンシトリィSS→432S
    ▸ルート②龍SS→亀除外EF鳥SS
    →⑤龍残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →⑥鳥残しリサイクラー龍破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNSサル→亀コストリサイクラー破壊→亀除外鳥SS→鳥EFサル破壊リオンSS→サルEFシトリィSS→432S
⑭リサイクラー+亀+シトリィ
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plain
  • リサイクラーNSサル→亀コスト鳥SS→鳥EFリサイクラー破壊リオンSS→亀除外EFシトリィSS→432S
⑮リサイクラー+亀+リオン
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027201126j:plain
  • リサイクラーNSサル→亀コスト虎SS→虎EFリサイクラー破壊リオンSS→亀除外EFリオンSS→333S
  • リサイクラーNSサル→亀コスト龍SS→龍EFリサイクラー破壊リオンSS→亀除外EFリオンSS→333S

リサイクラー+サル展開

⑯リサイクラー+サル+亀
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plain
  • リサイクラーNS龍→亀コスト(①虎②鳥)SS→龍除外EF(SSしてない方の虎・鳥)サーチ→亀除外EFサーチした水晶SS
    →③虎残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →④鳥残しリサイクラー虎破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNS龍→亀コストリサイクラー破壊→龍除外EF(①虎②鳥)サーチ→亀除外EFサーチした水晶SS
    →①虎EFサル破壊リオンSS→サルEFリオンSS→333S
    →②鳥EFサル破壊リオンSS→サルEFシトリィSS→432S
⑰リサイクラー+サル+虎
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plain
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コスト鳥SS→亀除外EF虎SS
    →①虎残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →②鳥残しリサイクラー虎破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コストリサイクラー破壊→亀除外EF虎SS→虎EFサル破壊リオンSS→サルEFリオンSS→333S
⑱リサイクラー+サル+龍
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain
  • リサイクラーNS亀→コスト(①虎②鳥)SS→龍除外EF(SSしてない方の虎・鳥)サーチ→亀除外EFサーチした水晶SS
    →③虎残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →④鳥残しリサイクラー虎破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNS亀→龍コストリサイクラー破壊→龍除外EF(①虎②鳥)サーチ→亀除外EFサーチした水晶SS
    →①虎EFサル破壊リオンSS→サルEFリオンSS→333S
    →②鳥EFサル破壊リオンSS→サルEFシトリィSS→432S
⑲リサイクラー+サル+鳥
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185423j:plain
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コスト虎SS→亀除外EF鳥SS
    →①虎残しリサイクラー鳥破壊リオンリオンSS→333S
    →②鳥残しリサイクラー虎破壊リオンシトリィSS→432S
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コストリサイクラー破壊→亀除外EF鳥SS→鳥EFサル破壊リオンSS→サルEFシトリィSS→432S
⑳リサイクラー+サル+シトリィ
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plain
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コスト鳥SS→鳥EFリサイクラー破壊リオンSS→亀除外EFシトリィSS→432S
㉑リサイクラー+サル+リオン
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027201126j:plain
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コスト虎SS→虎EFリサイクラー破壊リオンSS→亀除外EFリオンSS→333S
  • リサイクラーNS龍→龍除外EF亀サーチ→亀コスト鳥SS→鳥EFリサイクラー破壊シトリィSS→亀除外EFシトリィSS→432S

 

以上が、初期手札からのグリオンガンドルートまとめです!

見てわかるように、虎をコストとした場合は大方グリオンガンドまでは繋がりません。必ず亀除外SSだったり鳥トークンSS破壊リオンSSを挟む必要があります。

 

インパクト構え展開ルート

前述した通り、「チューナー+インパクト」の構えを目指します。インパクト発動のためにはクリストロンが除外されている必要があるため、クリストロンを能動的に除外できる「シトリィ+インパクト」の構えを中心に考えます。その後の展開は後述します。

㉒サル+虎+亀
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plain
  • 虎コスト龍SS→龍EF自壊シトリィSS→虎除外EFインパクトサーチセット→(亀セット+)シトリィ+インパクト構え⇒アメトリクス
㉓サル+虎+龍
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain
  • 虎コスト非チューナーSS→龍NS→非チューナーEF龍破壊シトリィSS→虎除外EFインパクトサーチセット→シトリィ+非チューナー+インパクト構え⇒アメトリクス(鳥破壊で⇒パワード)
㉔サル+虎+鳥
f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027185423j:plain
  • 虎コスト龍SS→鳥NS→鳥EF龍破壊シトリィSS→虎除外EFインパクトサーチセット→シトリィ+鳥インパクト構え⇒アメトリクス(鳥破壊で⇒パワード)
㉕リサイクラー+虎
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185404j:plain
  • リサイクラーNSサル虎コスト非チューナーSS→非チューナーEFリサイクラー破壊シトリィSS→虎除外EFインパクトサーチセット→シトリィ+非チューナー+インパクト構え⇒アメトリクス
㉖リサイクラー+サル
f:id:degu324:20191101055208j:plainf:id:degu324:20191027185307j:plain
  • リサイクラーNS龍→龍除外虎サーチ→虎コスト亀か鳥の非チューナーSS→非チューナーEFリサイクラー破壊シトリィSS→虎除外EFインパクトサーチセット→シトリィ+非チューナー+インパクト構え⇒アメトリクス

 

以上が、初期手札からの「シトリィ+インパクト」構えまとめです!

グリオンガンド展開と違ってこちらは、虎をコストとした場合にインパクト構えまで繋がりやすいです。シストバーンの登場によってリサイクラー+サルファフナーの手札からでも展開が可能になったのは大きいですね!

 

インパクト後の展開

「チューナー+インパクト」構え⇒相手ターンアメトリクス・パワード+インパクト⇒自分のターングリオンガンド・ブラックローズetc.

が強いと前述しましたが、インパクト構えをした後の動き方について2パターン説明します。

 

「墓地にリサイクラーなどのレベル3とサルファフナー、場にシトリィ+非チューナー+インパクトセット、除外にスモーガー」であることが状況としては多いですし、これが一番作りやすく強いです。これを前提に説明していきます。

f:id:degu324:20191027201140j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027194343p:plain

 

①アメトリクスを出す場合

相手が展開してきたところにシトリィ効果で墓地のリサイクラーとシンクロ→アメトリクスS召喚で相手の攻撃をいなしていきます。

f:id:degu324:20191027203054j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plain

相手のエンドフェイズ時にインパクト発動→シトリィSSでこのような陣形で自分のターンが帰ってきます。

そうすると、アメトリクス+シトリィでブラックローズS召喚、アメトリクス+亀+シトリィでヴァーミリオンS召喚、非チューナー自壊シトリィSSで522SグリオンガンドS召喚などが可能になります。

f:id:degu324:20191027203054j:plainf:id:degu324:20191027194343p:plain

相手が特殊召喚をしないなどの行動によっては非チューナーが居なくなることもありますが、その場合はインパクト発動→シトリィSSでブラックローズS召喚、インパクト発動→虎SSすることで、虎EFアメトリクス破壊リオンSSからアメトリクス蘇生効果でさらなる展開が可能になるため非常に強力です。

 

②アメトリクスを出さない場合

相手がセットのみで何もしない場合。相手がバトルフェイズに入らずターンエンドしてくると、チェーンの設定がAUTOだとシトリィの効果でメインフェイズ終了時にシンクロするか聞かれます。(相手がコチラのシンクロを誘ってわざとターンエンドしている場合もあるので)この場合はシンクロしません。そのままエンドフェイズにインパクトを発動→虎SSします。

f:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027201140j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plain

そうすると、このような陣形で自分のターンが帰ってきます。

そしたらメインフェイズで、虎+亀+シトリィでブラックローズS召喚、相手の盤面を崩していきます。その後はワンキルを狙って行きます。

 

実は、①②共にこのインパクト後の展開は通常召喚権を使用していません。ブラックローズやグリオンガンドで相手の盤面を崩した後、通常召喚権などを使ってワンキルを狙っていきましょう!

 

さて、「コズミック・サイクロン」などのカードでセットインパクトが除去されてしまう場合はどうでしょうか。チェーンするか否か。

これは、しない方がまるいです。初心者がやりがちですがインパクトをチェーンしてしまうと場が埋まってしまい、せっかくチューナー構えをしたのにその効果が使えなくなっています。ワンキルはされないかもしれませんが、盤面を捲ることも難しくなります。

f:id:degu324:20191027185404j:plainf:id:degu324:20191027203054j:plainf:id:degu324:20191027185345j:plain

チェーン1コズミックサイクロン
チェーン2インパク
チェーン3シトリィ
で一応このような盤面にもできますが、相手の攻撃ももろに受けますし、そうでなくても枠が埋まり、ブラックローズなどを出しにくくなり反撃がとりづらくなってしまいます。

ただ、相手のモンスターの守備力をインパクトで0にしたい、手札にクリストロンもいなくてリソースを確保したいといった場合はこの限りではありません。つまるところ、相手に合わせてインパクトの発動は見極めましょうという事です。

 

おまけ

次はおまけ。おまけはデッキ紹介です!
あくまでメインは展開まとめです笑

海の伝説、ウォーターワールド、チューナー化ノーマル、いいと思います!強いですよね!ただ、オリジナリティを出したいという事で私が生み出したのは「受け継がれる宝玉」型です。

最初にこのスキルに注目して試行錯誤したのですが、
この宝玉型、ネタではなく強いです。

手札を1枚捨ててデッキから宝玉を表側でだすというこのスキル。手札に非チューナーのクリストロン1枚あるだけで、シトリィ構えができることに加え、インパクト構えをするにはスモーガーを墓地へ送ることが重要で、サルファフナーで1回しかコストで捨てれないところをこのスキルで捨てる回数を増やせるのです。

簡単な例で挙げると、
サルファフナー+シストバーン。

f:id:degu324:20191027185307j:plainf:id:degu324:20191027194327p:plain

これだけだとかなり弱いですが、宝玉のスキルを使うと、

宝玉スキル龍コスト→龍除外EF虎サーチ→サルEF虎コスト亀SS→亀EF宝玉破壊シトリィSS→虎除外EFインパクトサーチセット→シトリィ+亀+インパクト構え

ができるのです!
(墓地の宝玉がアメトリクスのS素材として機能します)


控えめにいってつよつよですよね?他にも初手の安定感を高める、グリオンガンドにつなげやすくなるといったメリットがあります。宝玉を使った展開ルートもいずれはまとめてみたいものです。

f:id:degu324:20191106050631p:plain

(11月1日時点でのデッキレシピ)
というわけで、説明長くなりましたがレシピです。

断っておかなければいけないのは、シストバーン3枚持っていません。宝玉のスキルととても相性がいいのでシストバーンは3枚をお勧めします。

それでも、11月のランク戦を初日に35勝でキングになれたデッキです。

 

ざっくりですが解説します。

スキル宝玉エメラルドタートルである理由は、カワイイからというわけでなく、レベル3かつ水属性でステータスが高いからです。レベル3であることでアメトリクスSになれやすく、アメジストキャットのように地属性ではないことで環境に台頭している召喚魔術のエサにならないようにしています。ルビーカーバンクルでも全然問題ありません。

1/30枚で引く確率は13%
2/30枚で1枚引く確率は25%、98%でデッキに1枚残るので2枚採用も大いにありです。

サルファフナー・リサイクラー⇒3枚でも良いですがスキルの安定感があるので、3枚目が腐らないように2枚ずつにしました。

非チューナー⇒個人的には8割型初手に欲しいので、8枚(73%)か9枚(78%)。

チューナー⇒チューナーは非チューナーの①効果のためデッキにいて欲しいので3枚ずつ。チューナー枚数も多いと長期的に戦えるようになります。その代わりエクストラ管理が難しくなるので技術(練習)が必要です。

灼銀の機竜⇒サムライではないのはバックを触りたいのと、インパクト構えの後に作りやすいため。苦手なリバースモンスターに対しても別にサムライである理由は無いので今回はヴァーミリオンになりました。

インパクト⇒現環境では墓地に置いてあっても発動するだでけも強いので雑に3枚でいいと思います。

ラヴァゴーレム・マジックミラー⇒汎用札。

モンスターと罠のサーチが容易なので、神の摂理を採用した型も強いと思います。

 

⇓⇓こんな感じで回します⇓⇓

(※この動画時は宝玉をアメジストキャット、墓地肥やしをウンディーネで使用していました。) 

 

環境考察

インパクト実装のおかげで除外にめっぽう強くなりました。

採用札によって変わるところもありますが、クリストロンとの相性(取れるか取れないか)を記します。あくまで主観

 

堕天使⇒とれる。神属がキツイとはいっても1回だけ。わざと打たせてデッキに戻し、インパクトでアドを稼ぎ戒壇の守備置きを0にして殴ります。神属がないところでグリオンガンドしていきます。先行で神属展開されたくはないですね。

メタファイズまあとれる。ダイダロス除外?なにそれおいしいの?

六武衆⇒とれる。二刀流もインパクト墓地効果で防げるようになりました。ただ先行有利なとこは変わらないです。

古代⇒怖いのは通常召喚されたリアクターだけ。スキルの城にカウンターを乗せないように注意です。

サブテラー⇒にがて。後ろをはがせるか否か。ブラックローズ、グリオンガンドを通せるかどうか。リグリア―ドの除外も多少はケアできるようになりました。リグリア―ドチェーン戦士されるとインパクトで無効にできないので注意。

召喚獣コンセントレイトによるワンキルに気を付ければ十分とれる。インパクトによって守備を0にすればコンセントの打点も下げることはできます。コキュートスも打点で超えていきましょう。対面召喚獣はチューナー構えをしっかりとして守りを意識した方が勝てるでしょう。

霊獣⇒五分前後。取れないといわれていますが、立ち回り次第では勝ちに行けます。ペトルフィンによるバウンスはインパクトで守り、バウンスのコストを吐かせます。お互いにラヴァゴがまあ刺さります。タイムアウト勝ちも全然あります。

天岩戸⇒うーん、こればかりはなんとも。相手の手札次第。岩戸がたたなければ勝てるし、こちらの汎用札次第でも変わる。カウンター罠はやめてくれ。

フォーチュン⇒とれる。スタンバイフェイズのエヴァリー除外には気を付けて。攻めを意識して、グリオンガンドによるエヴァリーの除外を狙っていきます。

磁石⇒とれる。守りを意識。ベルセリオンでワンキルされないように攻めていきます。

 

前回に比べてまあ勝てるようになりました。ただ、怖いのはスペルスピード3のカウンター罠。コチラも使えますが容易に展開ができなくなる環境は流行ってほしくないところです。

考察に関しては専門分野ではないので、自分で回してみるか、他の方の意見を聞くのも良いでしょう。

 

おわりに

以上となります。

(疲れた。)展開ルートの確認にめっちゃ時間かけました。

量より質の精神で書いてましたが結局長くなってしましました…ルートが分岐するところもあり、わかりやすく書いたつもりでしたが、見づらかったら申し訳ありません。

これだけ展開ルートがあるとミスなどあると思います。その際はTwitterでこっそり教えていただけると助かります。(頭が回ってない中書いたところもあるので怪しい箇所あると思います…)

是非、読んで参考になった&辞書として使ってやるよって方は記事の拡散・このブログの読者登録してくれると励みになります故、よろしくお願いいたします。

 

クリストロンは霊獣テーマのように使い手によって勝ち負けが大きく変わるテーマですのでしっかりと練習していきたいですね!

あなただけの水晶機巧を是非見出してみてください(*^_^*)

この記事で楽しいクリストロンライフが送れる方が増えることを願っています。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 ⇓⇓人気ブログランキング登録してみました!⇓⇓ 

クリックするとランキングが上がります!
応援よろしくお願いします。


遊戯王ランキング

 

あとがき

 11月のランク戦人気カードランキング…

f:id:degu324:20191106070244p:plain

f:id:degu324:20191106070307p:plain

f:id:degu324:20191106070325p:plain

f:id:degu324:20191106070336p:plain

クリストロンがいねぇ!w
(知ってた。2回目)

これ本当に新パック後だよな…??

さすがにクリストロンインパクトが35位の「トロイボム」に負けていることを知ったときは引き笑いが起きたよね。

クリストロン強いし海外のティアリストにも入ってると思うんだけどここまでくるとやっぱ人気ねえんだなって…笑

それとも、前回KC前に堕天使の登場でクリストロンころされたからって次のメインパックでの第二の堕天使の登場に怯えているのか?

⇓⇓堕天使が来た時の私⇓⇓

f:id:degu324:20191106071506p:plain

 

つぎはきっと大丈夫だよね!

 

 

コメント返し

はてなブログの仕様上、直接コメントに返信できないのでここで返させていただきます。追記という形で随時更新していきます。

 

1.

f:id:degu324:20191106152422p:plain
ありがとうございます。古代のスキルもいいですよね!
シストバーンからサーチもできますし、除外されてもインパクトで帰還できるので1枚でも十分に回せます!ですので、もし新パックを引こうか迷ってるのであれば、前パックを1周しているなら新規狙いに行っていいと思いますよ!

 

2.f:id:degu324:20191118060312p:plain

シンクロ枠悩みますよね。私は攻め3守り3を意識してます。
ブラックローズドラゴンを出して全破壊した後の動きですね!
相手によって変わってきますが、ざっくりと2つのパターンに分けられます。

1つ目は普通のパターンで相手の場が何もなくなった状態、この場合はライフを取りに行きます。墓地サルEFからアメトリクスのS召喚を狙ったり、インパク後の展開から亀が墓地にいることが多いのでサルファフナー・鳥といった比較的打点の高いモンスターを墓地の亀除外EFでSSします。とにかくワンキルを狙っていきます。クリボール警戒で3体で攻めても構いません。

2つ目はブラロの破壊の後モンスターが残る場合、例えば霊獣やクリストロンが当てはまりますね。こういった場合はグリオンガンドを狙います。グリオンガンドの出し方は当記事を参考にしてください。これが通れば、3000打点とプラス1000以上の打点でワンキルできます。墓地には大方インパクトもあるのでエネコンなどでパクられる心配もありませんね!このブラロ→グリオンガンドは墓地リソースを除外したいデッキ、例えばフォーチュンなどのテーマにも有効です。ワンキルは取れなくても盤面を取りに行けますね!

 

3.

f:id:degu324:20191125232845p:plain

いいですね!
OCGの方でアビスパイクは使ってたのですが、改めて考えると宝玉のスキルと相性がいいですね!

アビスパイクNSコスト切龍サーチ→宝玉スキル龍コスト→龍墓地EFサルサーチ…ってことですよね!アビスパイクが☆4なのでエクストラは氷結界の龍シリーズと相性がよさそうですね。

KC後のコメントになってしまいましたが試してみたいと思います!ありがとうございます。