でぐの日記

遊戯王OCG・デュエルリンクスについての記事をお届け!趣味もつぶやきます。

ライフポイントの最大回復量の最大値を狙ってみた。【遊戯王 デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

 

はじめに

※注意 この記事には計算が多々入ります。文系で数字に弱い方はごめんね!流して読んでね!

 

トゥットゥルー!がりす。です!

久しぶりの投稿になります、変わったことといえば、最近デュエルリンクスリンクスのほうでは「昇龍会」というチームに入りました!(※アルカディアムーブメントではありません。)リンクスの大会であるKCカップでは、2月は63位4月は326位という上位の結果をおさめることができました。OCGの方では「シュトロームベルクの金の城」が登場してなんかやばいらしいし、リンクスの新パックではOCGで猛威を振るっていた「魔導」テーマが参戦しどうなっちゃうのよ城之内!

 

ってかんじでなんやかんやで遊戯王を楽しんでいるわけですが、今回ご紹介したいのはコチラー!ドンッ!(QVC感)

ライフポイントの最大回復量(1デュエル)の最大値を狙ってみた!! 

ナンデスカー!コレー!(水素水感)

 

これは、デュエルリンクスの「ユーザー情報」の中の「プレイ履歴」にある「ライフポイントの最大回復量(1デュエル)」という項目の最大値を目指すというものです!

ハイ、わけわかんねえよ。ってことで先に結果を載せたいと思います。

赤枠で囲ってあるところがライフポイントの最大回復量の項目です。この項目の上下の値は65535でカンストしています(なぜカンストしているのかはQ&Aで説明)。しかし、この項目だけはカンストしていません。そこでこのライフポイントの最大回復量のカンスト値を見つけよう!っていうのがこの企画のきっかけになります!

 

※ライフポイントの最大回復量とは「1デュエルでどれだけのライフを回復できたか」を表す数値で、ライフポイントの最高値ではありません。また、一度に回復した最高値でもなく、あくまで回復した量の合計です。

 

さて結果の方ですが、4116489! やったね400万超え!

(´;ω;`)ついに400万をこえることができた…!実はこの企画2017年の9月から始めています。大きく分けるとこの挑戦は3回目になるのですが、1回目の結果は1751399、2回目の結果は2053216、そして今回。前回の200万の壁を引き離し二倍の400万まで行くことができたのです!

そんな過去の挑戦は動画にしてあります。

 

過去の挑戦

【1回目】

【遊戯王デュエルリンクス】ライフポイントの最大回復量狙ってみた【Yu-Gi-Oh! Duel Links】 - YouTube

ライフポイントの最大回復量狙ってみた【遊戯王デュエルリンクス】 - ニコニコ動画

【2回目】

【遊戯王デュエルリンクス】ライフポイントの最大回復量狙ってみた2【Yu-Gi-Oh! Duel Links】 - YouTube

ライフポイントの最大回復量狙ってみた2(再)【遊戯王デュエルリンクス】 - ニコニコ動画

 

 1回目に関しては、「精神寄生体」と「肥大化」のコンボで毎ターン回復を狙っています。2回目では、上のギミックにさらに「N・エア・ハミングバード」を添えてさらなる高ライフを狙いました。

f:id:degu324:20180513002951p:plain

f:id:degu324:20180513002930p:plain

f:id:degu324:20180513002941p:plain

相手モンスターの攻撃力を肥大化でカンストさせてその攻撃力の半分を回復する算段です。カンスト値が65535なのでその半分の32768を回復、動画では3枚分で毎ターン合計98604のライフを回復しています。

 

 今回の挑戦

 そして、今回の挑戦が3回目になります。

【3回目】

YouTube

www.youtube.com

 ・ニコニコ動画版 

www.nicovideo.jp

 

1・2回目と3回目でギミックを変えました。今回は精神寄生体&肥大化は使用せず、「破壊竜ガンドラ」と「生命吸収装置」のコンボで高ライフを狙いました。

f:id:degu324:20180513003750p:plain

f:id:degu324:20180513003811p:plain

どういうギミックなのかというと、ガンドラのLPを半分払うコストを利用し、その半分払ったLPの半分を回復しようというコンボです。

 

ライフの動きとしては、

元ライフ4000→ガンドラコストで2000払う→吸収装置1000回復→結果3000

って感じです。これはガンドラの効果発動1回につき吸収装置1枚の回復です。

ガンドラの効果発動には回数制限がありません。また、吸収装置は払ったコストの回数だけその枚数分回復します。

つまり、ガンドラ効果を4回発動、吸収装置が3枚あるとすれば、

元ライフ4000→ガンドラ(-2000-1000-500ー250)→ライフ250→吸収装置(+1000+500+250+125)×3→結果5875

となり、ライフが1875増加したことになります。これで、元ライフがより多ければ、コストもでかくなり回復量も多くなる!って算段です。

 

ガンドラの効果は「禁じられた聖杯」で無効にして複数回のコストの支払いとデメリットによる自壊防止を実現させています。聖杯は「マジックアブソーバー」で再利用します。

f:id:degu324:20180513003821p:plain

f:id:degu324:20180513003836p:plain

 

ちなみに、デッキ切れ対策は「遺言の仮面」と「名犬マロン」を使っているので紹介しときます。仮面はアブソーバーの魔力カウンター維持も補っています。

f:id:degu324:20180513030029p:plain

f:id:degu324:20180513030038p:plain

 

理論上、ガンドラが無限にコストを支払えるなら無限に回復できる。コストが大きいほど多く回復できる。毎ターン、しかも、ガンドラの効果を使っただけどんどん回復していくので、複利計算のように芋づる式に回復していきます。

 

いかがでしょうか?これらのギミックを用いれば、最大回復量のカンストも夢じゃない!(´・ω・`)・・・そう思っていた時期が私にもありました。

世の中はそんなに甘くない!この考えを打ち破ったシステムがリンクスには2つあります。

 

 問題点1つ目「回復量のカンスト

少し前に、攻撃力やカンスト値が65535と言ったのを覚えているだろうか。実はステータスのカンスト値の他にもカンストする項目が存在する。それが、ライフに関する数値である。簡単に言うと、「ダメージ」と「回復」と「コスト」。つまり、一度に65535までしかダメージを与えられないし、回復できないし、コストも払えないということである。画像を見てもらえばわかるだろう。

f:id:degu324:20180513014814j:plain
f:id:degu324:20180513014803j:plain
ダメージとコストのカンスト

つまり何が言いたいのかというと、ガンドラのコストは65535までしか払えませんよーということである。そのおかげで実質、吸収装置で回復する量は65535の半分の32768となる。上限がありますよーってことです!

だけど、一度に65535しかライフを払えないだけで、実際32768のライフ回復を複数回にわたって回復させれば問題ないじゃん。と思うのですが、ここで二つ目の問題点。
これがこの企画における最大の敵といっていいだろう。

 

問題点 2つ目「デュエルログのパンク」

 その敵とは、通信エラー。通信エラーとは、普通対戦相手との通信状況が困難な時にエラーとなって通信が切断されるものだが、ここでは少し異なります。なんと!良好な通信状況においても、複雑な処理、複数回の処理が重なるとエラーとなって通信が切断されてしまうのである。(゚Д゚)ノなんて日だ!!

写真のように、デュエル中に右上のボタンを押すと、「デュエルの始めから終わりまでになにをしたか」というログが見ることができます。しかし、このログの情報がいっぱいになって、簡単に言うと、キャパがオーバーしてしまうと、通信エラーが起きてしまうのです。

f:id:degu324:20180513015555j:plain

これを私は、デュエルログのパンクと呼んでいます。動画を見ていただけるとわかるのですが、とても処理が重いです。おそらく、こういった検証動画のように長ターンかけて行うでデュエルは想定されていないのでしょう。

 

行動が限られてくるので、おかげで、ガンドラの発動回数を抑えることを余儀なくされましたとさ。何度かやって分かりましたが、ガンドラの効果を10ターン目位から毎ターン5回発動すると46・8ターン目でエラーが起きてしまいます。そこで、今回はガンドラの効果を4回に抑えました。(※途中のターンから5回発動に切り替えればもう少し上を目指せるかもしれません、しかしチキンレースです。)

 

という、以上の2つの問題点を踏まえた結果が4116489になります。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回の結果は、前回からの目標であった300万という壁を越せたことでは成功ですが、カンスト値を拝めなかったという意味では残念ながら失敗です。

うーん、またもやカンストはできませんでした。_(:3」∠)_ しかし、新たな発見もできたので次回に活かそうと思います!

次回の目標は、8ケタの1000万の回復量(できたらカンスト

 

おわりに、今回手伝ってくれた方の紹介です。

コミネマン@増刷の魔術師 (@Relief77) | Twitter

コミネマンさんありがとうございました!いろんな面白い動画上げてるので息抜きに是非見にいってみてください!

 

「がりす。」は、この記事の用にどーでもいいようなことから周回や知識の手助けとなるような記事、ほかにも趣味に関する記事をブログに載せているので、『読者になる』ボタンをポチーっと押してくれたら嬉しいです!(^_^)/

 

最後まで目を通していただきありがとうございました。是非ほかの記事も読んでください!次の記事は新たなケルベロス周回デッキかモブ狩りオート周回デッキについて書こうと思います!

 

Q&A

Q1. 文系馬鹿にすんな 

A1. すみませんでした。

 

Q2. なんでカンスト値が65535なの?

A2. 16bitの符号なしの整数で表すことのできる一番大きな数字が65535だからです(2の16乗は65536だが、0から数えるので65535)。リンクスでは16bitまでしか表せないようです。ただし最大回復量は16bitを超えています。

 

Q3. 65535の半分って32767.5じゃね?

A3. 遊戯王のルールでは小数点はないので、小数点第1位は四捨五入されます。よって32768。(例.ライフ1で神の宣告を発動する際、払うコストは1の半分だが、0.5になるので残りライフは1のままとなる。)

 

Q4. 50ターン終わるとなんで引き分けになるの?

A4. 仕様です。決着がつかないときのための措置だと思われます。リンクスは50ターンまでしか用意されてないんですよね。OCGと異なるルールの一つです!