でぐの日記

遊戯王OCG・デュエルリンクスについての記事をお届け!趣味もつぶやきます。

神の宣告で無効にできない特殊召喚【遊戯王】

※これは遊戯王の記事になります。

 

みなさん、《神の宣告》というカードをご存知でしょうか?

神の宣告 / Solemn Judgment

カウンター罠
(1):LPを半分払って以下の効果を発動できる。
●魔法・

罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

f:id:degu324:20180513040421p:plain

この遊戯王の歴史の中でも特に強いカード。デュエリストならみんな知っているかと思われるこのカード。

 子どものころ、《死者蘇生》や《融合》で強いモンスターを出されたとき《神の宣告》で特殊召喚を無効だ!とおもって発動したら、「神の宣告発動できないよ。もう特殊召喚されてるからだめだよ。」と言われて、よくわからないまま、そういうルールなのかぁと思って諦めていたときがありました。

f:id:degu324:20180513040744p:plain

死者蘇生 / Monster Reborn

通常魔法
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

f:id:degu324:20180513040803p:plain

融合 / Polymerization

通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

同じような経験デュエリストの皆さんにもないでしょうか?今回は神の宣告と特殊召喚について、わかりやすく、深く説明したいと思います。

まず結果から述べると、《死者蘇生》や《融合》の特殊召喚は《神の宣告》では無効にできません。

 

では、なぜこの特殊召喚は無効にできないのでしょうか。それを解説するためにはまずこのルールを理解していなければなりません。そのルールとは、

カードの効果処理の途中でカードの発動はできない。です!

 

このルール、単純なようで意外と見落としがちです。

ちなみに、カードの効果処理というのは、カードの効果処理が始まってからカードの効果が解決するまでのことです。

例えば、《天使の施し》というカード。

f:id:degu324:20180513041339p:plain

天使の施し / Graceful Charity

通常魔法
自分のデッキからカードを3枚ドローし、その後手札を2枚選択して捨てる。

このカードの効果処理は、カードを3枚ドローし、手札を2枚捨てるまでです。3枚ドローし、この手札を2枚捨てるという処理のまえに、《ダスト・シュート》を発動はできません。「カードの効果処理の途中でカードの発動はできない。」からです。

発動されたらたまったもんじゃありません(笑)

f:id:degu324:20180513041358p:plain

ダスト・シュート / Trap Dustshoot

通常罠
相手の手札が4枚以上の場合に発動する事ができる。
相手の手札を確認してモンスターカード1枚を選択し、そのカードを持ち主のデッキに戻す。

このルールさえ理解していればおのずと答えは見えてきます!

 

ここで、《死者蘇生》をみてみましょう。

墓地のモンスターを対象にとるのは発動するための条件。

このカードの効果処理は「そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。」つまり、選ばれたモンスターが自分フィールドに特殊召喚されるまでです。

よって、特殊召喚し終えるまで《神の宣告》は発動できないのです。もちろん、特殊召喚し終えた後に《神の宣告》なんてこともできません。特殊召喚が完了しているので。

 

《融合》はどうでしょう。

このカードの効果処理は融合素材モンスターを墓地へ送り、融合モンスターがエクストラデッキから融合召喚されるまでです。《死者蘇生》と同様に特殊召喚された後に《神の宣告》は発動できません。

 

 

じゃあどうしたら強いモンスターを出されないようにすればいいんだよ。ふざけんなDeguいい加減にしろって思われるかもしれません。

 そんな時は発動を無効にすればいいのです!

確かに私は、《死者蘇生》や《融合》の特殊召喚は《神の宣告》では無効にできません。と言いました。

そう、《死者蘇生》や《融合》の発動は《神の宣告》では無効にできるのです。

発動はカードの効果処理でもなんでもないのです。発動が無効にできれば強いモンスターが出てくることもないのでへっちゃらですね!

 すでに発動してある永続魔法や永続罠などによるモンスターの特殊召喚効果での特殊召喚になるので気をつけてください。無効にできません。

 

 

今まで言ってきたことは、カードの効果による特殊召喚についての話で、チェーンブロックをつくらない特殊召喚(例えば、シンクロ召喚、エクシーズ召喚、リンク召喚、特殊召喚モンスターによる特殊召喚など)については普段通りに出されたときに《神の宣告》で無効にできるので問題ないでしょう。

 

 

 今回覚えてほしいのは、

カードの効果処理の途中でカードの発動はできない。

 ということです。

 

このルールは、「タイミングを逃す」といったルールにも関わってくるので覚えておいて損はないでしょう。

もし友人がよくわからないといっていたらこういうことなんだと教えてあげてください。私もあの頃の自分に教えてあげたい。泣

神の宣告が特殊召喚を無効にできないといった話はすでに他のサイトや動画でもたくさん触れられているのでそこを参考にしてみるのもよいでしょう。それではノ