がりすのにっき。

遊戯王OCG・デュエルリンクスについての記事をお届け!趣味もつぶやきます。

全ての水晶機巧使いに捧ぐ。クリストロン展開まとめ

 ※これは遊戯王デュエルリンクスの記事です。

 

 

こんにちは、がりす。です

先日、デュエルリンクス内で新パックが発売されましたね。
そこで「水晶機巧(クリストロン)」というテーマが実装されました。

 

ちゃんと、クリストロン回せていますか?

 

このテーマ非常に難解で、回し方がわからない、どうやって展開したらいいの?何てこと多々あります。この記事では、そんな方たちのために

 

・クリストロンの展開で使うカード

・展開手順

・環境立ち回り

 

について書きます。

特に、展開手順は本当に細かく書いたので、みなさんにもクリストロンの動かし方が分かってもらえると思います。

クリストロンのカードをまだ覚えてない方は、前の記事の新パック考察でざっくり解説したので読んでみてください(この記事でも解説します)。

 

 ⇓⇓ 新パック考察(前記事) ⇓⇓

degu324.hatenablog.com

 

⇓⇓ 新パック(公式HP) ⇓⇓

CYBERNETIC REBELLION

www.konami.com

 

 

前置き

まず覚えて欲しいのは

クリストロンは手札を2、3枚で動くテーマ

ということです。

 

現代遊戯王にありがちな「○○と××が揃うと強い!」というのがあります。

 

クリストロンの場合は、

「手札が2、3枚あれば動ける!」 と思ってください。

 

 

・表記について

チューナー、非チューナーという単語が出てくると思いますが、クリストロンのチューナー(クオン、シトリィ、リオン)、クリストロンの非チューナー(サルファフナー以外の3種)のことです 長いので省略しました。

 

・OCG民のために、リンクスのルールについてお話ししておきます

  • LP4000
  • 初期手札4枚
  • デッキ20~30枚
  • モンスターゾーン3枚・魔法罠ゾーン3枚
  • EX枠最大6枚
  • スキル(独自ルール)がある
  • 現在、X・Lモンスター、Sチューナー実装されていません

以上のルールがあります。ご注意ください。

 

 

クリストロン・展開カード

チューナーモンスター

f:id:degu324:20190720212433p:plain

相手ターンにシンクロ召喚できる能力をもっています

 

非チューナー

f:id:degu324:20190720220834p:plain

 共通効果:場のカードをチューナーに変換

  • プラシレータ→
  • スモーガー→
  • ローズニクス→

虎でサーチするカード⇓⇓

f:id:degu324:20190711050405p:plain

 

サルファフナー

f:id:degu324:20190711032514p:plain

クリストロンの要です

これを手札または墓地に確保できた場合に、クリストロンはまともな展開が可能になります。

後で説明する展開例も、全てサルファフナーありきで考えています

 

スクラップリサイクラ

f:id:degu324:20190711043158p:plain

クリストロンは全員が水属性・機械族に統一されているので、このカードで素早く墓地に落とせます。主にこの効果でサルファフナーを落とすことで展開がはじまります

 

シンクロモンスター

アメトリクス

f:id:degu324:20190711041850p:plain

・相手ターンにS召喚すことで相手の攻撃を抑止できます

・自分のターンに非チューナーの①効果で破壊すると、墓地から蘇生+デッキからチューナーssで展開が可能です。この記事では主にこの効果をよく使います

 

グリオンガンド

f:id:degu324:20190711032624p:plain

・S召喚したときに相手のモンスターを3枚除外できます

・効果で破壊することで相手の除外モンスターを寝取ることができます

・このカードをS召喚するのに、

  • 4(鳥)+3(リオン)+2(シトリィ)
  • 3(虎)+3(リオン)+3(リオン)

ですることが基本になるので、この記事ではその展開を目指します。

 

甲化鎧骨格

f:id:degu324:20190721195009p:plain

・相手ターンにS召喚することで1ターン無敵になれるモンスター

・シトリィ+鳥 or リオン+虎の組み合わせでS召喚が基本

 

白闘気海豚

f:id:degu324:20190723065827p:plain

白イルカ

・S召喚は自分のターンでしかできませんが、とても強いです。
・先行ではリサイクラー+亀+下級のときに出すことがあります。
 

 

展開ルート

さて、クリストロンのおさらいはここまでで、ここからが本番です。

この記事では、

  • 相手ターンにS召喚できる盤面(チューナー構え)までの展開方法
  • ターンが帰ってきてグリオンガンドまでの展開方法

を記したいと思います。
また、初ターングリオンガンドS召喚できるものはそこで書きます。

なぜ、初ターンからアメトリクスを立てないのか、理由は簡単で、相手ターンに出した方が強いからです。例えば、ミラーを想像してほしいのですが、後攻でグリオンガンドを出されたら全部除外されてしまいそこで詰みです。他にも、戦闘時効果を無効にされる「古代の機械熱核竜」や「トラミッド」での戦闘破壊など。(もちろん相手のスキルなどから状況は変わってきますが、)チューナーで構えた方が反撃が取れるので強いです。

 

クリストロンのカードを

①サルファフナーorスクラップリサイクラ

②非チューナー3種

③チューナー3種

この3種類に分けて、

  • 各1枚ずつ計2枚
  • 各1枚ずつ計2枚
  • 1枚2枚計3枚
  • 1枚1枚1枚計3枚

この4パターンを書きました。

クリストロン関連以外に相性が良いものはあるんですが、今回はクリストロンらしいクリストロンで動かしたかったので使っていません。それでもかなり動かせるので、相性の良いカードを使ったデッキならもっと動かせるかもですね!

 

また、

(1)の効果でssしたサルファフナーを自爆させ、

(2)の効果でデッキのクリストロンをリクルート

という言葉が省略されてます。普通こうやって使うので問題ないと思います。

 

  • →・・・次の流れ
  • ⇒〇〇〇・・・相手ターンで出せるシンクロ
  • 盤面に残るものは太字、良いルートは赤字で示しています。
  • 手札3枚あるのに2枚と同じルートになるもの、書く意味が無いものは基本省いています。
  • もっと良い例や間違いもあると思います、コメントかツイッターで教えてください。

水晶機巧使いの者がりす。 (@gallis324) | Twitter

 

相手ターンにS召喚できる盤面(チューナー構え)までの展開方法

サルファフナー展開

サル+鳥

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plain

  • 鳥コスト虎ss→虎ef自壊シトリィss⇒アメトリクス・パワード
  • 鳥コスト虎ss→鳥除外トークンss→虎efトークン破壊→リオンss⇒パワード
  • 鳥コスト鳥ss→鳥ef自壊シトリィss⇒パワード
  • 鳥コスト亀ss→亀ef自壊シトリィss⇒パワード


サル+虎

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plain

  • 虎コスト鳥ss→鳥ef自壊シトリィss⇒アメトリクス、パワード
  • 虎コスト鳥ss→虎除外罠サーチ→鳥ef自壊リオンss⇒パワード
  • 虎コスト虎ss→虎ef自壊シトリィss⇒アメトリクス
  • 虎コスト亀ss→亀ef自壊シトリィss⇒アメトリクス

 

サル+亀

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

  • 亀コスト鳥ss→鳥ef自壊シトリィss⇒パワード
  • 亀コスト虎ss→虎ef自壊シトリィss⇒アメトリクス


サル+チューナー

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190720212433p:plain

  • チューナーコスト鳥ss→鳥ef自壊シトリィss⇒パワード
  • チューナーコスト虎ss→虎ef自壊シトリィss⇒アメトリクス

 

サル+鳥+虎

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plain

  • 鳥コスト(亀ss→亀ef自壊)リオンss→鳥除外トークンss→虎nsefトークン破壊リオンss→3リオン+3虎+3リオン=グリオンガンド
  • 鳥(虎)コスト任意の非チューナーss→虎(鳥)ns
    非チューナーss自壊→シトリィ+鳥構え⇒アメトリクス、パワード
    非チューナーss自壊→シトリィ+虎構え⇒アメトリクス、パワード
    非チューナーss自壊→シトリィ+亀構え⇒アメトリクス、パワード
    鳥ssef虎(鳥)破壊リオンss→虎除外罠サーチ→リオン+鳥構え⇒パワード
    亀ssef虎(鳥)破壊リオンss→虎除外罠サーチ→リオン+亀構え⇒パワード

 

サル+鳥+亀

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

  • 鳥コスト虎ss→トークンss→虎efトークン破壊リオンss→亀nsef自壊リオンss
    →3虎+3リオン+3リオン=グリオンガンド
  • 亀コスト任意の非チューナーss→亀ef鳥ss
    虎ss自壊→シトリィ+鳥構え⇒アメトリクス
    鳥ss自壊→シトリィ+虎構え⇒パワード
    亀ssef鳥破壊→シトリィ+亀構え⇒パワード
    虎ss鳥ef虎破壊リオンss→虎除外罠サーチ→リオン+鳥構え⇒アメトリクス、パワード
    亀ss鳥ef自壊→リオン+亀構え⇒アメトリクス


サル+虎+亀

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

  • 亀コスト任意の非チューナーss→亀ef虎ss
    ・鳥ss虎破壊→シトリィ+鳥構え⇒アメトリクス
    ・虎ss虎破壊→シトリィ+虎構え⇒アメトリクス
    ・鳥ss鳥ef虎破壊リオンss→虎除外罠サーチ→リオン+鳥構え⇒アメトリクス、パワード
    虎ss自壊リオンss→リオン+虎構え⇒アメトリクス
    亀ss亀ef虎破壊→虎除外罠サーチ→リオン+亀構え⇒アメトリクス、パワード

 

サル+鳥+シトリィ

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190723002454j:plain

【サル+鳥】展開に加え、

  • 鳥コスト虎ss→鳥除外トークンss→虎efトークン破壊シトリィss→3虎+2シトリィ=アメトリクスS召喚→シトリィns→シトリィ+アメトリクス構え⇒アメトリクス
  • 鳥コスト虎ssef自壊リオンss→シトリィns→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス+パワード

 

サル+鳥+リオン

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plain

【サル+鳥】展開に加え、

  • 鳥コスト虎ss→鳥除外トークンss→虎efトークン破壊リオンss→リオンns→3虎+3リオン+3リオン→グリオンガンド
  • 鳥コスト虎ssef自壊シトリィss→リオンns→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス+パワード

 

サル+虎+シトリィ

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190723002454j:plain

【サル+虎】展開に加え、

  • 虎コスト非チューナーss→非チューナーef自壊リオンss→(虎除外罠サーチ→)シトリィns→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス+パワード

 

サル+虎+リオン

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plain

【サル+虎】展開に加え、

  • 虎コスト非チューナーss→非チューナーef自壊シトリィss→(虎除外罠サーチ→)リオンns→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス+パワード

 

サル+亀+シトリィ

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plainf:id:degu324:20190723002454j:plain

【サル+亀】展開に加え、

  • 亀コスト鳥ss→鳥ef自壊リオンss→亀除外シトリィss→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス+パワード
  • 亀コスト虎ss→虎ef自壊リオンss→亀除外シトリィss→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス×2

 

サル+亀+リオン

f:id:degu324:20190721193235j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plain

【サル+亀】展開に加え、

  • 亀コスト鳥ss→鳥ef自壊シトリィss→亀除外リオンss→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス+パワード
  • 亀コスト虎ss→虎ef自壊シトリィss→亀除外リオンss→シトリィ+リオン構え⇒アメトリクス×2

 

リサイクラー展開

リサイクラー+鳥

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plain

  • リサイクラーnsサル落とし鳥コスト→任意の非チューナーssefリサイクラー破壊シトリィss⇒アメトリクス、パワード


リサイクラー+虎

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plain

リサイクラーnsサル落とし虎コスト→任意の非チューナーssefリサイクラー破壊

  • シトリィss→シトリィ+非チューナー⇒アメトリクス
  • リオンss→虎除外罠サーチ→リオン+非チューナー(鳥・亀)⇒パワード


リサイクラー+亀

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

  • リサイクラーnsサル落とし亀コスト→任意の非チューナーssefリサイクラー破壊シトリィss⇒アメトリクス


リサイクラー+チューナー

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190720212433p:plain

  • リサイクラーnsサル落としチューナーコスト→任意の非チューナーssefリサイクラー破壊シトリィss⇒アメトリクス


リサイクラー+鳥+虎

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plain

 リサイクラーnsサル落とし

  • 鳥コスト→【リサイクラー+鳥に同じ】
  • 虎コスト→【リサイクラー+虎に同じ】 

 

リサイクラー+鳥+亀

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

 リサイクラーnsサル落とし

  • 鳥コスト→【リサイクラー+鳥】に同じ
  • 亀コスト→【リサイクラー+亀】に同じ
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト虎ss→亀除外鳥ss→
    ・鳥efリサイクラー破壊シトリィss+虎ef自壊リオンss→4鳥+2シトリィ+3リオン=グリオンガンド
    ・虎efリサイクラー破壊リオンss+鳥ef自壊リオンss→3虎+3リオン+3リオン=グリオンガンド
    ・虎efリサイクラー破壊シトリィss→3虎+2シトリィ=アメトリクスS召喚→鳥efアメトリクス破壊リオンssアメトリクスefシトリィ蘇生→4鳥+3リオン+2シトリィ=グリオンガンド
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト虎ss→亀除外鳥ss→虎efリサイクラー破壊シトリィss→3虎+2シトリィ=アメトリクスS召喚→
    ・鳥efアメトリクス破壊シトリィssアメトリクスefサルファフナー蘇生→4鳥+2シトリィ=パワード
    ・鳥ef自壊シトリィss→シトリィ+アメトリクス構え⇒アメトリクス、パワード
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コストリオンss→3リサイクラー+3リオン=白イルカ→亀除外鳥ss→鳥自壊シトリィss→シトリィ+白イルカ構え⇒アメトリクス、パワード

 

リサイクラー+虎+亀

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

 リサイクラーnsサル落とし

  • 虎コスト→【リサイクラー+虎】に同じ
  • 亀コスト→【リサイクラー+亀】に同じ
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト鳥ss→亀除外虎ss→
    ・鳥efリサイクラー破壊シトリィss+虎ef自壊リオンss→4鳥+2シトリィ+3リオン=グリオンガンド
    ・虎efリサイクラー破壊リオンss+鳥ef自壊リオンss→3虎+3リオン+3リオン=グリオンガンド
    ・虎efリサイクラー破壊シトリィss→3虎+2シトリィ=アメトリクスS召喚→鳥efアメトリクス破壊リオンssアメトリクスefシトリィ蘇生→4鳥+3リオン+2シトリィ=グリオンガンド
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト鳥ss→亀除外虎ss→虎efリサイクラー破壊シトリィss→3虎+2シトリィ=アメトリクスS召喚→
    ・鳥efアメトリクス破壊シトリィssアメトリクスefサルファフナー蘇生→4鳥+2シトリィ=パワード
    ・鳥ef自壊シトリィss→シトリィ+アメトリクス構え⇒アメトリクス、パワード
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コストリオンss→3リサイクラー+3リオン=白イルカ→亀除外虎ss→虎自壊シトリィss→シトリィ+白イルカ構え⇒アメトリクス

 

リサイクラー+鳥+チューナー

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190720212433p:plain

 【リサイクラー+鳥】展開に同じ

 

リサイクラー+虎+チューナー

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190723063056p:plain

【リサイクラー+虎】展開に同じ

 

 

リサイクラー+亀+シトリィ

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plainf:id:degu324:20190723002454j:plain

【リサイクラー+亀】展開に加え、

  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト虎ssefリサイクラー破壊シトリィss→3虎+2シトリィ=アメトリクス→亀除外シトリィss→シトリィ+アメトリクス構え⇒アメトリクス
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コストリオンss→3リサイクラー+3シトリィ=白イルカ→亀除外シトリィss→シトリィ+白イルカ構え⇒アメトリクス
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト鳥ssefリサイクラー破壊リオンss→亀除外シトリィss→4鳥+3リオン+2シトリィ=グリオンガンド

 

リサイクラー+亀+リオン

f:id:degu324:20190721193400j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plain

【リサイクラー+亀】展開に加え、

  • リサイクラーnsサル落とし→亀コストシトリィss→亀除外リオンss→3リサイクラー+3シトリィ=白イルカ→シトリィ+白イルカ⇒アメトリクス
  • リサイクラーnsサル落とし→亀コスト虎ssefリサイクラー破壊シトリィss→亀除外リオンss→3虎+2シトリィ=アメトリクス→シトリィ+アメトリクス構え⇒アメトリクス
  •  リサイクラーnsサル落とし→亀コスト虎ssefリサイクラー破壊リオンss→亀除外リオンss→4虎+3リオン+3リオン=グリオンガンド

 


アメトリクスからグリオンガンドまでの展開方法

相手ターンにアメトリクスを展開し、そこから自分のターンが帰ってきたところから、グリオンガンドまでの展開方法を記します。(墓地にチューナーもしくは非チューナーがいる前提です。)

ちなみにアメトリクスは、シトリィ+虎だったり、亀+リオンでも構いません。アメトリクスをS召喚しましょう。


アメトリクス+非チューナー

f:id:degu324:20190723023512j:plainf:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190721193351j:plain

 

グリオンガンドまでは、アメトリクス+非チューナーで簡単に出すことが出来ます。

基本的には、4鳥+3リオン+2シトリィ、もしくは、3虎+3リオン+3リオンでS召喚します。

f:id:degu324:20190721193308j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plainf:id:degu324:20190723002454j:plain

これか、

f:id:degu324:20190721193256j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plainf:id:degu324:20190723002508j:plain

これを目指しましょう。
 

非チューナーefアメトリクス破壊チューナーss→アメトリクスef効果を使っていない非チューナー蘇生efカード破壊チューナーss(アメトリクスefチューナー蘇生)→グリオンガンド

 

f:id:degu324:20190723101009j:plainf:id:degu324:20190721193235j:plain

手札・墓地にサルファフナーが居れば、最初の非チューナーをコストにすることで、召喚権を使わずにグリオンガンドをS召喚することが可能です。

また、サルファフナーの効果を使っていなければ、グリオンガンドで相手のカードを除外したのち、それをパクることが出来ます。

まず、エントリー効果で墓地に非チューナーである虎を用意しました。

次に、場の鳥でアメトリクスを破壊しリオンss→アメトリクス効果で先ほど用意した虎を蘇生→鳥を破壊してリオンss→3+3+3でグリオンガンドをS召喚。

「星遺物を巡る戦い」で逃げられてしまいましたが、サルファフナー効果が残っていたので蘇生しグリオンガンドを破壊→相手のシエンを寝取ってそのままゲームエンド。

 

デッキ紹介

次は、デッキ紹介です!
おまけ程度に私のデッキを紹介します。

f:id:degu324:20190723034613j:plain

f:id:degu324:20190723034618j:plain

ざっくりですが解説します。

スキル粉砕クリストロンは展開手段が豊富なので魔法生成スキルよりも打点アップスキルに。

サルファフナー2⇒1枚でも展開可能だが、初動展開のためにリサイクラー含めた5枚に。2枚目のサルファフナーを引くと弱いですが、エントリーで落としてレベル5にしたのちスキル粉砕という事もできる。

リサイクラー⇒言わずもがな。クリストロンの牛頭鬼デス侍。

非チューナー⇒下級クリストロンの優先順位的に虎>鳥>亀。亀はアメトリクス+亀の盤面でグリオンガンドに繋ぎにくいが、亀があると後攻2ターン目にグリオンガンドに繋ぎやすいので1採用。

チューナー⇒チューナーは非チューナーの①効果のためデッキにいて欲しい。4枚だと少なかったので5枚。シトリィは初動に欲しいが、グリオンガンドS召喚のためには4+3+2、3+3+3でどうしてもリオンが必須。2+2+5でもS召喚可能だが、星5のハードルが高い。そのためリオンを3採用。クオンは残念ながらあまり使いません、入れても1枚ですね。

狡猾の落とし穴⇒魔導のサイレントマジシャン8の突破手段、墓所封印全般相手のターンしのぎ・アド稼ぎ、サブテラー対策、クリストロンの破壊後効果と相性が良いため2採用。

エントリー⇒虎からサーチすることでアドを1稼ぎ、サルファフナーのコストになる。手札に来ると弱いので1採用。

白闘気海豚⇒シンプルに強い。特に打点だよりのデッキにはこれで詰ませられる。 ライフをとりに行きたいときにも使える。蘇生後のシロイルカ+シトリィ+ローズトークンでグリオンガンドになれる。

灼銀の機竜⇒クリストロンは前(モンスター)を触れるが、後ろ(魔法罠)を触りにくい。そのため後ろを触れるヴァーミリオン。相手ターンをパワードでしのぐとその後が展開しづらいがパワード+リオンで除去カードになれる。

 

環境考察

採用札によって変わるところもありますが、クリストロンとの相性を記します(あくまで主観)。基本的にアメトリクス展開ができる札での話をします。ちなみに、クリストロンは先行の方が強いです。

 

魔導⇒先行〇後攻△。ゲーテでチューナーをつぶされるのキツイですが、1ターンに1枚しか除外されないのでそこまでです。沈黙はグリオンガンド、8は狡猾と白イルカで対処。前をゲーテさせて狡猾で仕留めるのが丸いです。しっかり横展開しましょう。

六武衆⇒先行〇後攻△。先行有利。先行で構えられてシンクロ潰しの二刀流と星遺物で逃げられるのがキツイ。それだけです。墓所六武は無理ゲーな気がします。

青眼⇒先行〇後攻△。墓所ワンキルされなければ勝てます。いかに墓所を使わせるかがカギです。青眼というより墓所がキツイ。あとスナスト、青眼かんけいねぇ!

古代⇒先行〇後攻〇。怖いのは通常召喚されたリアクターだけ。スキルの城にカウンターを乗せないように注意です。罠型だと苦戦を強いられることが多いです。

トラミッド⇒先行△後攻△。キングゴレムがきついです。相手に張り替えさせてチェーンコズサイが丸い気がします。特殊召喚をしないのでアメトリクスも効かない。

墓所真紅眼⇒先行△後攻△。装備カード特にガーディアンの力を付けられるとキツイ。先行狡猾構えをお祈りします。それか、白イルカのごり押し。

CDNネオス・ネオスコアキ⇒先行〇後攻〇。解説することはありません。グリオンガンドで除外すれば勝ちです。ラヴァゴには気を付けましょう。

サブテラー⇒先行△後攻△。決戦を握られているとキツイですが、グリオンガンドで一掃できれば勝てなくはありません。△にしましたが、コズサイ・狡猾を握れているかにもよります。

クリストロン(ミラー)⇒優先的にサルファフナーを除外しましょう。グリオンガンド警戒でフリーチェーン状態のシトリィ・リオン構えが強いです。

 

クリストロンはシンクロデッキでありますから、バックが厚めのデッキを苦手とするのは仕方ありません。それでも、持ち前の展開力により大体のデッキには五分以上取ることが出来ます。

環境考察に関しては専門分野ではないので、自分で回してみるか、他の方の意見を聞くのも良いでしょう

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

すごく長くなってしまいました!笑
特に展開ルートのとこは辞書代わりに使ってほしいです。

 

お金とれるレベルじゃない!?取らないけどねw
(頑張って書いたので本当にタメになったら貢いでください。)

 

クリストロンは初心者には難しく、敷居が高いところはありますが、慣れてさえしまえばとても楽しいテーマです。

これからはクリストロンをより深くじっくり煮詰めていきたいと思います!一緒にクリストロンで遊びましょう!この記事で少しでも敷居が低くなったら嬉しいです

 

 ⇓⇓人気ブログランキング登録してみました!⇓⇓ 

クリックするとランキングが上がります!
応援よろしくお願いします。


遊戯王ランキング

 

⇓⇓今回引用・参考にしたブログです⇓⇓

korenaniuse.hatenablog.com

 

あとがき

ある日のこと…

さーて、ランク戦たまにはやるかぁ。みんな何のテーマ使ってるんだろ?

 

f:id:degu324:20190720211113j:plain

f:id:degu324:20190720211126j:plain

f:id:degu324:20190720211136j:plain

クリストロンがいねぇ!w

現状、クリストロンを使いこなせる人が少なく、環境に顔を出せていないという状況です笑 この記事を読んでクリストロン使いが増えてくれると嬉しいです(。-`ω-)!

 

模擬KCルームのポイントバトル(GKC)戦でも上位取れました!

クリストロンは夢が詰まってます!

 

 

サイバネティック・リベリオン考察!CYBERNETIC REBELLION【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh!Duel Links】

目次

 

f:id:degu324:20190710204943p:plain

 

あいさつ

ドーモ、がりす。です!

新パックきたーーーー!!!!!

 

水晶機巧きたぁー!!!

 

ついにOCGでも愛用してるクリストロンが来ました!!
もう今回の新パッククリストロンだけ語ってもいいレベルで卍クリストロン卍
って感じですwww無限に語れます(。-`ω-)

 

まあ不平等はよくないので他についても語っていきます。それでは、7/12~配信の「サイバネティック・リベリオン CYBERNETIC REBELLION」考察やっていきたいと思います。クリストロンは長くなるので最後にしよう。うん!

いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。
カード名をクリックすると遊戯王wikiに飛びます。

※ミス等ありましたら教えてくださると助かります。


 

CYBERNETIC REBELLION

www.konami.com

 

《サイバー・ドラゴン》

f:id:degu324:20190710211016p:plain

おかえり。
なんでお前は今までリンクスに来なかったんだって感じww
でもありがとう。シンプルな効果でシンプルに強いカード。

《未来融合-フューチャー・フュージョン》を使えば、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を選択することでデッキから任意の機械族カードを墓地に落とすことが出来る。スキルドローセンス魔法罠で未来融合を確定ドローし、ほかのデッキのカードをすべて機械族にすればセルフデッキ破壊も可能です(笑)

ただし、キメラテックオーバーは融合召喚時に、このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。という効果があるので、フューチャーフュージョンから出してもいなくなってしまうので注意です。あくまで墓地肥やし。

 

光属性・機械族と言えば?そうですね皆さん。

《おジャマ改造》ですね。

é¢é£ç»å

そうですこのカードでデッキからサイバー・ドラゴンが出せます。

f:id:degu324:20190710221504p:plain

《サイバー・ツイン・ドラゴン》は優秀なワンキルアタッカー。
スキルサイバー流奥義から融合するのが一番楽でしょうか。打点アップのカードと相性が良いと思います。

 

 

《宇宙砦ゴルガー》

f:id:degu324:20190710214128j:plain

子どものころ使ってたなー…エーリアン強化来ました!

表側の魔法罠を戻しその数だけカウンターを乗せる効果とカウンター2つでカードを破壊できる効果があります。それぞれターンに1回。

 

使用済みの《強化蘇生》を戻して再利用したり、相手につけた《ビッグバン・シュート》を戻して除外するコンボの他に、相手の《ガーディアンの力》など剥がしたりできます。六武衆だったら相手の結束や道場も戻せますね!

ただし対象をとるので《真紅眼の黒刃竜》には注意が必要です。

f:id:degu324:20190711002821p:plain
f:id:degu324:20190711002728p:plain
f:id:degu324:20190711002628p:plain

 

《「A」細胞組み換え装置》から墓地へ星4エーリアンを落とし、墓地効果で《エーリアンモナイト》をサーチ、召喚し、墓地へ落としたエーリアンを蘇生、ゴルガーをシンクロできます。墓地肥やしに《苦渋の決断》もありです。

 

 

《深海のディーヴァ》

f:id:degu324:20190711004043p:plain

 ディーヴァ→デッキから《海皇の重装兵》《海皇の狙撃兵》特殊召喚《城塞クジラ》特殊召喚しながら相手のカード破壊などできます。昔のカードが活躍できるようになるのはいいですねー!

f:id:degu324:20190711004624p:plain

チューナーなんでもちろんシンクロ召喚もOK!

ディーヴァはOCGでは制限カードですがリンクスに来たという事は3枚入れられるので、ディーヴァ召喚→ディーヴァ特殊召喚もできるので覚えておきましょう。

 

水精鱗

f:id:degu324:20190711061543p:plain
f:id:degu324:20190711061618p:plain

動き方として《アビスフィアー》を起点にしたものが存在する。《水精鱗-アビスリンデ》とのコンボが優秀。《アビスフィアー》自壊デメリットを利用してアビスリンデの効果が発動できる。

また、《水精鱗-メガロアビス》 の2回攻撃を上手く利用すれば、フィールドに何もない状態から1ターンキルを決めることもできる。

  1. 《水精鱗-メガロアビス》特殊召喚
  2. 《深海のディーヴァ》を召喚し、効果で《海皇の狙撃兵》リクルート
  3. 《深海のディーヴァ》をコストに《水精鱗-メガロアビス》で2回攻撃。
  4. 《海皇の狙撃兵》で攻撃し、 効果で《海皇の突撃兵》リクルート
  5. 《海皇の突撃兵》で攻撃。
    3~5で2400×2+1400+2200=8400ダメージ
f:id:degu324:20190711061513p:plain
f:id:degu324:20190711061802p:plain

《水精鱗-ディニクアビス》
水精鱗の高い回転力に貢献する1枚。(1)の効果の手札コストを(2)のサーチにより補填できるため、アドバンテージを失わない自己特殊召喚が可能。

《水精鱗-オーケアビス》
スキルレベル上昇で自身のレベルを上げればデッキから2体の展開が可能。

《水精鱗-ディニクアビス》ならば自己特殊召喚効果からこのカード自身をサーチできるため相性が良い。後半の墓地へ送る処理によりタイミングを逃すので、特殊召喚に成功した時の水精鱗は効果を発動できない点に注意。

 

《グリズリーマザー》

f:id:degu324:20190711053447p:plain

f:id:degu324:20190711053520p:plain
(♪ワザップのテーマ)

あなたのモンスターにジャンク・アタックを2枚装備します!理由はもちろんお分かりですね?ジャンク・アタックの効果でダメージを受けるのは、あなたがだからです!覚悟の準備をしておいて下さい。グリズリーマザーで自爆します。デッキからリクルートします。2体目3体目も自爆します。サレンダーする準備もしておいて下さい!貴方は敗北者です!ワンキルされる楽しみにしておいて下さい!いいですね!

 

って感じで700×2枚×3回=4200でワンキルできます。ネタです。

 

 

《粋カエル》

f:id:degu324:20190711060526p:plain

《黄泉ガエル》《鬼ガエル》の存在から【ガエル帝】のデッキ強化になりそうです。 

鬼ガエルは、黄泉ガエル及び粋カエルをデッキから墓地へ送れる。自身も特殊召喚できるため、いざという時のリリース要員にもなる。1ターンに1度だけ自分のモンスターをバウンスできるため、自身を手札に退避させる、帝を再利用するといった運用が可能です。

粋カエルは、墓地のガエルモンスターを除外することで自己再生できる。墓地コストが許す限り1ターンに何度でも自己再生できるのでリリース要員に最適です。

 

 

クリストロン

ここから長くなります。
まず、クリストロンがどういうテーマかというと、シンクロ召喚するテーマです。ただシンクロするだけでなく相手ターンにシンクロするテーマです。クリストロンはできることが多いです。故に、動かし方や戦術が分からない人多いと思います。今回はしっかり説明していきたいと思うのでよろしくお願いします!

 

まずどうやって相手ターンにシンクロするのか?

クリストロンチューナー
f:id:degu324:20190711033619p:plain
f:id:degu324:20190711032532p:plain
f:id:degu324:20190711033536p:plain

チューナーが相手ターンにシンクロする能力を持っています。

フリーチェーン効果で相手のメイン・バトル発動する形で対となる場所からモンスター(レベル問わない)を呼び出してシンクロします。この効果で出すシンクロは機械族限定になります。

  • クオン☆1→手札から→素材は墓地へ
  • シトリィ☆2→墓地から→素材は除外へ
  • リオン☆3→除外から→素材はデッキへ

 

これらチューナーをサポートする下級クリストロンがこちら

下級クリストロン
f:id:degu324:20190711035001p:plain
f:id:degu324:20190711032523p:plain
f:id:degu324:20190711034856p:plain

龍、虎、亀と蛇、鳥のモンスターがいるため、モチーフは四神です!かっこよすぎ
(ほんとはもう1体いますが実装されませんでした。。。)

 

下級モンスターの特徴としては、

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「クリストロン」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族SモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
(固有の効果)

という効果があります。

 

(1)は、表側のカードを破壊するだけでデッキから上記のチューナーを呼ぶことが出来ます。この効果を使うと機械族しかシンクロできなくなっちゃいます。

下級モンスターの共通効果について。

  • 破壊とリクルートは同時扱いのため、時の任意効果もタイミングを逃すことなく発動できる。
  • この効果で破壊できない場合、リクルートはできないので注意。その場合でも、特殊召喚に関する制限は生じる。
  • 効果処理時に対象が裏側表示になっていても破壊とリクルートは行われる。

つまり、《歯車街》を破壊して古代モンスターを出すことも可能なわけです。《異次元海溝》も相性が良く、複数のモンスターを並べられます。

 

(2)の墓地効果も強力で、クリストロンは墓地へ落としたいカードになります。

カード名  レベル 固有効果
 《水晶機巧-プラシレータ》  手札からクリストロン1体を特殊召喚
《水晶機巧-スモーガー》 クリストロン魔法・罠カード1枚をサーチ 
《水晶機巧-ローズニクス》 水晶機巧トークン☆1を1体特殊召喚

下級はちょっと複雑ですよね。

ちなみにスモーガーからサーチできるカードはこれです。

f:id:degu324:20190711050405p:plain

エントリーの役割が薄いことからスモーガーの存在価値も若干低めです。

 

さて、これだけ効果があるのにこれらをもサポートするモンスターがいます。

上級クリストロン

f:id:degu324:20190711032514p:plain

クリストロンの上級《水晶機巧-サルファフナー》です。

「クリストロン」カードをコストに手札・墓地から特殊召喚できます。しかし、その場合自分のカードを破壊しなければいけなくなるのですが、このカード自身を破壊してあげると……戦闘・効果で破壊されるとデッキから「クリストロン」を特殊召喚できます。

そうです、チューナーでも下級でも。上で挙げた6種類出せます(笑)
つまるところ、クリストロンの初動となるカードなわけです。

 

こうしてモンスターを並べて出すシンクロモンスターがこちら

クリストロンシンクロモンスター

f:id:degu324:20190711041850p:plain

《水晶機巧-アメトリクス》普通にレベル5でATK2500の汎用性の高いモンスター。相手ターンにシンクロする事で、相手をすべて守備にできます。

f:id:degu324:20190711032624p:plain

《水晶機巧-グリオンガンド》シンクロするだけで相手のモンスターを3枚除外可能。チューナー2体+非チューナーの☆9シンクロなので少し出すのが大変ですが強力です。

上記二体は普通に汎用性が高いのでシンクロデッキで活躍間違いなしです!

 


ここからは回し方・戦術になります。

回し方

まず、クリストロンを回すうえで、「クリストロン」カードを墓地に落としたいので墓地肥やしが重要になってきます。《スクラップ・リサイクラー》《ジェネクス・ウンディーネ》こ奴らを墓地肥やしと呼ぶことにします。

f:id:degu324:20190711043241p:plain
f:id:degu324:20190711043158p:plain

NS:召喚 SS:特殊召喚

基本ムーブは、初期手札が墓地肥やしと下級クリストロンカードから

☆3墓地肥やしNS→☆5サルファフナー落とす→下級クリストロンコストにサルファフナー墓地からSS→サルファフナー自壊デッキからクリストロンSS

この際に、何をコストにするか。何をデッキからSSするかで動ける形がまた変わってきます。

例1.
☆3墓地肥やしNS→☆5サルファフナー落とす→☆3スモーガーコストにサルファフナーSS→サルファフナー自壊☆4ローズニクスSS→ローズニクス効果墓地肥やし破壊☆3チューナーリオンSS→4+3=☆7シンクロ《カラクリ将軍 無零》SS→スモーガー墓地効果エントリーサーチ

例2.

☆3墓地肥やしNS→☆5サルファフナー落とす→☆4ローズニクスコストにサルファフナーSS→サルファフナー自壊☆3スモーガーSS→ローズニクス墓地効果トークンSS→スモーガー効果トークン破壊☆3チューナーリオンSS→3+3+3=☆9シンクロ《灼銀の機竜》SS

初手にプラシレータとスモーガー(リオン)があればグリオンガンドが出せます。

例3.

☆3墓地肥やしNS→☆5サルファフナー落とす→☆2プラシレータコストにサルファフナーSS→サルファフナー自壊☆4ローズニクスSS→ローズニクス効果墓地肥やし破壊☆2シトリィSS→プラシレータ墓地効果☆3スモーガーSS→スモーガー効果自壊リオンSS→4+2+3=☆9シンクログリオンガンドSS

スキルレベル上昇などでレベルをいじってグリオンガンドをねらってみても?
他にもいろんなルートがあるので探してみるとよいかもしれません。

正直強いシンクロがあまりいない現状、クリストロンが環境で活躍できるかは未知数です。

 

シトリィキャンセル

最後にこれだけ覚えておけば完璧なはず!

「相手ターンにシトリィの効果で墓地からモンスターを蘇生してシンクロする際に、シンクロできない状態だと、蘇生したモンスターはそのままにする。」という裁定を俗に、シトリィキャンセルと言います。

f:id:degu324:20190711055217p:plain

これを使えばモンスターを蘇生できるわけです!

シンクロできない状況にするにはシトリィを《星遺物を巡る戦い》《亜空間物質転送装置》でとばすなどがあげられます。クオンではできないので注意。

実戦でも使える戦術なので是非狙ってみてください。

 

 

おわりに

今回のパックはこんな感じですね。

はやくクリストロンまわさせてくれーーー

 

長々と説明しましたが、最後まで読んでくれてありがとうございました。感謝

以上、がりす。の新パック気になるカード考察&紹介でした!(*^_^*)/

 


遊戯王ランキング

 

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

 

 

デッキ投稿機能使ってますか?

どーも、がりす。です

 

先日、ある方のブログ記事を目にし、私も便乗しようと筆をとった次第です。

そう今回の記事は「デッキ整頓術」についてです。

 

私の便利なデッキ管理方法を伝授しちゃいます!必見。

 

 

 

目次

 

 

デッキ投稿機能つかってますか?

 

みなさん、「デッキ投稿機能」使ってますでしょうか。

実はこの機能が「デッキ整理整頓」にめちゃめちゃ便利なんです!

 

f:id:degu324:20190628165032j:plain
f:id:degu324:20190628165048j:plain

 

まずは右上にある画像のアイコンをタップします。

アイコンがない人はステージ8(DM)に到達していないか設定でOFFにしている可能性があります。これからはONにしときましょう!

 

次に投稿レシピ→デッキレシピ投稿の順にタップ

「デッキレシピ投稿」はステージ12(DM)到達後開放されます

 

するとこんなのが出てきます。

デッキを投稿できる機能ですが、最大10個まで投稿できます。

私はすでに9個登録しているのであと1枠空きがある状態です。

f:id:degu324:20190628170100j:plain
f:id:degu324:20190628170111j:plain

 

「デッキレシピを投稿する」をタップしてマイデッキからデッキを選べば投稿できます。


これの何が便利かと言いますと、

デッキを10個投稿できる。つまり、デッキが10個保存できちゃうんです!

 

やばくないですか?デッキ枠拡張しなくていいんですよ。

もうマイデッキの圧迫に悩む必要はありません。

 

投稿したレシピをコピーしたい場合は、デッキコピーからコピー先を選んでやればOKです!かんたん!

f:id:degu324:20190628171513j:plain
f:id:degu324:20190628171526j:plain


投稿デッキは削除しない限り残るので、あやまってマイデッキから消しちゃったとなってもすぐにまたコピーしてこれます。

 

これでいちいちキャラからキャラへデッキをコピーしなくて済むしデッキを探す手間も省けることでしょう。

 

投稿デッキには、周回で使うデッキや消したくないデッキなどを保存しておくのがオススメです。ただし投稿するとリンクスプレイヤーから見られちゃうので隠しておきたいデッキは注意です。

 

 

投稿デッキ紹介

さてここからはおまけです。

普段どんなデッキを保存しているかご紹介します。4つほど

 

f:id:degu324:20190628173232j:plain

オートモブ狩りデッキです。一番よく使います

融合古代の究極巨人ATK4400貫通で無双します。

1800の古代騎士が入ってないのは1700のワイバーンをだして欲しいからです

 

f:id:degu324:20190628173409j:plain

次によく使う「名もなき決闘者モンスター3体開始」用デッキ

魔法を使うだけでバーンで勝てます。未だに負けたことがないデッキ

モンスターが4体なのはデュエル開始時に手札にあるとモンスター3体出してくれないことがあるからです。ヴォルカニック・デビルは的。

 

f:id:degu324:20190628173433j:plain

ゲート10周回専用の経験値集めデッキです。

Lv.10報酬3倍で経験値イベントの時に使います。

ドローセンス地がないキャラにはドローセンス魔法罠にしてレベル8モンスターたくさんと「竜の交感」を持たせます。

 

f:id:degu324:20190628173421j:plain

ゲート40やイベント時のハイスコア周回デッキ

ユベル第二形態で制圧。炎王カードでデッキ圧縮していきます

チューナーのサイコウィールダーはレベル6の「スターダスト・チャージ・ウォリアー」をシンクロ召喚するために入れてます。ドローとシンクロ召喚の加点ねらいです

 



おわりに

以上です!

デッキ投稿機能の便利さが分かりましたでしょうか?

知らない人がいたら是非教えてあげてください!

 

それではまた別の記事で。ノ

 

 

 

ガーディアン・オブ・ロック考察!GUARDIANS OF ROCK【遊戯王デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh!Duel Links】

目次

 

éæ¯ç ãã¥ã¨ã«ãªã³ã¯ã¹ ã¬ã¼ãã£ã¢ã³ã»ãªãã»ã­ãã¯

 

あいさつ

ドーモ、がりす。です!

新パックきましたね。WCSもおわり、岩石族強化を中心にアニメ遊戯王のドーマ編のカードが多いです!アニメを見ていた人向けのカードが多い印象。 6/19~配信の「ガーディアン・オブ・ロック GUARDIANS OF ROCK」考察やっていきたいと思います。

いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。
カード名をクリックすると遊戯王wikiに飛びます。

※ミス等ありましたら教えてくださると助かります。


 

 GUARDIANS OF ROCK

www.konami.com

 

《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》

f:id:degu324:20190618032058p:plain

今回の表紙は磁石の戦士の強化。
破壊効果には回数制限もないためこいつをいかに早く出すかが重要になってきます。

f:id:degu324:20190618033316p:plain
f:id:degu324:20190618033245p:plain
f:id:degu324:20190618033326p:plain
f:id:degu324:20190618033309p:plain

このカードを出す条件として電磁石の戦士3種類を除外する必要があるので、相性のいいコンボカードとして墓地肥やしの《隣の芝刈り》がありますが、《電磁石の戦士α》《電磁石の戦士β》《電磁石の戦士γ》の三体が共通して相手ターンのエスケープ効果を持ていること、さらにそこから出せる《磁石の戦士δ》が磁石の戦士を落とせる墓地肥やし効果を持っているためそこまで墓地肥やしカードにこだわる必要はないのかなと思います。基本的にこれら2枚があれば速攻でマグネットベルセリオンが出せると思います。

f:id:degu324:20190618034929p:plain
f:id:degu324:20190618034827p:plain
f:id:degu324:20181212021028j:plain
f:id:degu324:20190618035014p:plain

また、岩石族には《怒気土器》が居るので、電磁石の戦士を状況に合わせたものに変換できます。こいつがレベル2なので、《トランスターン》《ダウンビート》が無理なく入り相性がいいです。

電磁石の戦士がエスケープがあるので《グレイモヤ不発弾》もよさそうですね!磁石は無課金でも組みやすいテーマだったので是非ともこのパックで強化したいです。

 

 

《ブロックドラゴン》

f:id:degu324:20190618035820p:plain

個人的要注目カード。
一見こいつ岩石族サポートに見えるが、こいつの特殊召喚には地属性であれば良いため、地属性で墓地を肥やせるデッキテーマであれば入れ得なカードです。蘇生回数にも1ターンの制限は無いです。つまり、地属性3枚あれば無限に出せる、効果破壊耐性持ち2500/3000モンスターってこと。粉砕込みで2800~3400まで打点が上がります。

ナチュル、カラクリ、ジェムナイト、スクラップ、ブンボーグ、もちろん磁石の戦士あたりのテーマで活躍が見込めるでしょう!

リンクスだと、 《コアキメイル・ウォール》《コアキメイル・サンドマン》《魔導アーマー エグゼ》あたりの自壊も防げて面白そう。

 

相性がいいカードとして今パックのこれらも紹介。

f:id:degu324:20190618042110p:plain
f:id:degu324:20190618071256p:plain
f:id:degu324:20190618041910p:plain
f:id:degu324:20190618042009p:plain

《リバイバルゴーレム》はデッキから墓地へ送られると特殊召喚できる。
《タックルセイダー》がデッキから墓地へ送られると相手モンスターを裏側にできる。

これにより、《岩投げアタック》がフリーチェーンのリクルートカード・壁となり、《岩投げエリア》が戦闘破壊を防ぎつつリクルートカード・壁になる。

これらの魔法罠はブロックドラゴンも落とせるので、役割を終えたリバイバルゴーレムをコストにブロックドラゴンを展開することが可能!ビートダウンデッキでも使えるし簡単な出張パーツとしても使えるのではなかろうか。

 

 

《レジェンド・オブ・ハート》

f:id:degu324:20190618044000p:plain

誰だ!? 我らを呼ぶのは!
 深く眠りし魂を――!
 呼び覚ますものは――!

f:id:degu324:20190618043712p:plain
f:id:degu324:20190618043748p:plain
f:id:degu324:20190618043821p:plain

「我が名はティマイオス!」
「クリティウス!」
「ヘルモス!」

f:id:degu324:20190618043459p:plain
f:id:degu324:20190618043536p:plain
f:id:degu324:20190618043608p:plain

我らが力、心の光とともに!

合神竜ティマイオス

f:id:degu324:20190618051937p:plain
ジャスティス・ソード☆

学芸会!出せたら強いですよね。ロマンカードなのかな。
考えたのは、《マジカルシルクハット》で伝説の竜カードを送るなど。

クリティウスやヘルモスで出せる融合体は装備カードになる効果を持っています。特に、クリティウスで呼び出せる融合体《タイラント・バースト・ドラゴン》はコストが罠カードであるため召喚権を使わないのが魅力です。(ヘルモスも手札からいけました。)

《呪符竜》はブラック・マジシャンの専用構築になるかと思います。ティマイオスから《超魔導剣士-ブラック・パラディン》が出せるのは強いです。
すみません、このぐらいしか思いつきませんでした笑

 

 

《ガーディアン・エアトス》

f:id:degu324:20190618052734p:plain

このカードはコンボカードというよりは、単純なパワーカードとして活躍できそうです。OCGでは「自分の墓地にモンスターが存在しない」という条件は初手か特化したデッキ構成でない限り難しいですが、リンクスでは20枚デッキ。

初手の確立は3枚あれば先行で50%、後攻で60%あります。

f:id:degu324:20190618215201p:plain
f:id:degu324:20190618215227p:plain

それだけの確立があれば、2500打点がぽっと出てくるのは強いと思います!複数引けても強いよね。墓地にモンスターがたまらない【マドルチェ】での活躍も十分に見込めます。

 

 

《デブリ・ドラゴン》

ãããªã»ãã©ã´ã³

3枚あっても損しないカード!
以下、現状リンクスで出せるシンクロモンスターです。

星5
《転生竜サンサーラ》《ラヴァルバル・ドラゴン》
星6
 《C・ドラゴン》《ドラグニティナイト-ゲイボルグ》《ドラグニティナイト-ガジャルグ》《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》《ラヴァルバル・ドラグーン》
星7
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》《ブラック・ローズ・ドラゴン》《ドラグニティナイト-トライデント》
星9
《蒼眼の銀龍》
星10
《トライデント・ドラギオン》

 

有名なのは、《沼地の魔神王》で融合サーチ→デブリ召喚→星7シンクロという流れ。ここでブラックローズをシンクロし全破壊、その後攻めるもよし、《死魂融合》をセット沼地とデブリをコストに融合というのもできます。

他には、スキル迷宮作成(手札を二枚デッキに戻して使用できる。迷宮壁ラビリンスウォール[通常・星5・0/3000]をデッキ外から自分フィールド上に作り出す。このスキルはデュエル中に一度しか使用できない)デブリ召喚→星9シンクロ蒼眼の銀龍

ブンボーグおジャマに採用し、星6や星7のシンクロを狙うのもいいですね。

 

 

《月読命》

f:id:degu324:20190618060922p:plain

OCG元禁止カード。
強制効果なのに注意が必要です。

スキル光と闇の交換で《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》と交換するのが強いでしょう。つまり、魔導デッキで活躍しそうです。自分の《魔導書士 バテル》を裏にしたり、逆に相手のサイレントマジシャンなどを裏にできちゃいます。

光と闇の交換

効果
以下のどちらかを適用できる。このスキルはターン中に1度かつデュエル中に2度しか使用できない。
●自分の手札の闇属性モンスター1体をデッキに戻し、種族・レベルが同じで光属性のモンスター1体を手札に加える。
●自分の手札の光属性モンスター1体をデッキに戻し、種族・レベルが同じで闇属性のモンスター1体を手札に加える。

 

 

トラミッド
f:id:degu324:20190618062157p:plain
f:id:degu324:20190618062205p:plain
f:id:degu324:20190618062254p:plain

最後にトラミッドテーマ。
トラミッドはフィールド魔法テーマになります。スキルの相性の話だけしておきます。

 

フィールド魔法と言えば、ルカちゃんのスキルですよね。

フィールド・チェンジ

効果
自分のライフポイントが3000以下の場合に使用できる。自分は手札のフィールド魔法カード1枚を含むカード2枚までをデッキの一番下に戻し、戻した枚数分だけドローする。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

フィールド・リターン

効果
自分の墓地にフィールド魔法カードが3枚以上ある場合に使用できる。自分の墓地にあるフィールド魔法カードをランダムで1枚手札に加え、残りのフィールド魔法カードを全てデッキに戻す。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

トラミッドはフィールド魔法を多用、どんどん張り替えるので、必然的にスキルが使いやすく、ガンガン回せると思います。

 

 

おわりに

今回のパックはこんな感じですね。

気になるカードはありましたでしょうか。私は磁石の戦士強化が来たので引きに行きたいと思います!無課金の方でもミニパックなので引きに行ってもいいかとは思います!

以上、がりす。の新パック気になるカード考察&紹介でした!(*^_^*)/

 

 

この記事が良かったと思ったらコメントしてくれたり、読者になっていただけると励みになります!ほかの記事も是非読んでみて下さい!

『がりす。』は、周回や知識の手助けとなるような記事、ほかにも趣味に関する記事をブログに載せています。少しでも良いと思ったり参考になったら『読者になる』ボタンをポチーっと押してくれると嬉しいです!(^_^)/

 

 

恐竜さんと一心同体のスキルの仕様について【遊戯王 デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

剣山の新スキル「恐竜さんと一心同体」の仕様についてのまとめ記事です。

 

「恐竜さんと一心同体」がどのようなスキルかというと。

f:id:degu324:20190614135715p:plain

3ターン目以降に使用できる。自分フィールドに存在するレベル7以上の恐竜族モンスター1体の攻撃力・守備力を自分の現在のライフポイントと同じ数値にする。そのモンスターがフィールドから離れた時に自分はデュエルに敗北する。このスキルはデュエル中1度しか使用できない。

 

藤原純友さん(@ao_751L という方がいろいろと調べてくれてました。

敗北時の検証動画

メリット・デメリットについて

 

・カードのコストとしてモンスターが離れたら即敗北
・カードの効果でフィールドから離れる時、同じ効果内で同時に処理される効果は適応される(例:ユベル第三形態で攻撃時ダメージは入る)
・裏側守備表示になった場合、打点はリセットされるがデメリット効果は持続する
・魔法罠ゾーンに移動した場合はデメリットが消える。その後、再度特殊召喚され破壊されても敗北にならない。
・プレイヤー両者がスキルを同一モンスターに発動し、フィールドを離れた場合、引き分けとなる(破壊と同時に効果処理がある場合効果処理はなされる)
・スキル使用後、ライフが変化しても恐竜の攻撃力は変化しない

これらのことが分かりました。

 

 

さらに攻撃力についての検証。
スキルによるカンスト値を調べた。

現在デュエルリンクスにおけるステータスのカンスト値は65535である。

65534…65534
65535…65535
65536…0 (一周回って0となる)
65537…1
65538…2



と仮定すると、231000-65536×3=34392。動画の通りになる。

66100-65536=564。仮説の通りになった。

 

また、動画からわかる通り、「ワンダー・バルーン」のような永続効果を受けていない。しかし、肥大化のような攻守を固定する効果は受けることが分かっている。

f:id:degu324:20190614134122p:plain
f:id:degu324:20190614134141p:plain

 

このことから、
・スキルでのステータスの最高値は65535
・ライフが65535を超えた場合0に戻り、超えた分が反映される
(65536×2=131,072 を超えた場合、それ以降も同様。)
・ステータスの最小値は0
・攻守変動である永続効果は適用されない(ワンダー・バルーン)
・攻守固定である決まった数値にする効果は適用される(肥大化)

 

 

「恐竜さんと一心同体」の仕様については以上になります。

読んでくださりありがとうございました。

 

青眼サブテラー六武衆が無くても銀は取れたWCS2019.2nd【遊戯王 デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

目次

 

はじめに

 

お初にお目にかかる人も多いかと思うので、改めて自己紹介しておきます。

私は普段、趣味で遊戯王のOCGとデュエルリンクスをしていて「がりす。」という名でプレイしています。遊戯王というと、対戦型カードゲームですので競技的ですが、私は大会に参加することなどもありますが、そこまでガチではありません。どちらかというと趣味的ファンデッキ寄りであります。主に、周回デッキ構築無限ループ無限回復チャレンジなどを行っている人です。

今は「UNITY」というチームにおじゃまさせてもらっています。

 

趣味的とはいっても決して無課金ではありません。ストラクチャーデッキはある程度揃えています。しかしパックのURカードなどは3枚しっかり揃えている程ではなく、持っていないカードもたくさんあります。

新パックが来るペースも早く、どうしてもカードプールが狭いというのは私に限ったことではないと思います。今回はそういったことがあったという前提で読み進めてくれると嬉しいです。

 

デッキ分布はとっていないのであらかじめ言っておきます。悪しからず。
戦績入力する暇があるならデュエルスタイルでやっております(ただの面倒くさがり)

 

 

注目されたデッキ

まずは、今回注目されたデッキ、いわゆる「環境」について話していきます。

今期のテーマは、青眼コアキメイルネオスサブテラー真紅眼六武衆古代メタファイズバスブレ魔導などが注目されました。ほかにも、恐竜、ヴァンパイア、メタビなどもありますが主に上記のテーマでした。

 

実際、WCS本番に使われた大部分というのは

墓所青眼スリカエコアキネオス墓所コアキネオス墓所真紅眼仮面サブテラー粉砕六武古代、であったと思います。

 

墓所青眼

初日から非常に多くの割合を占めていたかと思います。イシズで セットカードを開けば間違いなく白石であるといえるほど多かったです。それだけ当初から注目されていたテーマでありました。打点も展開力も申し分なし。流行りのサブテラーの対抗にも一役買ってくれていました。ただ、初ターンの動きとしてセットだけなのが弱く見られ、そこを後攻ワンキルとしてつけこまれたのかなと思います。

 

スリカエコアキネオス

こちらも当初多かったテーマ。割と伏せ環境であったのも相まってコズサイとスリカエにより安定した手札供給が好まれました。どちらかというとこのスリカエは「サイバーダーク」テーマに使われることが多かったです。ネオスフュージョン→比翼レンリン落とし→サイバーダークエッジ召喚装備、これで2600打点と2500打点(二回攻撃直接攻撃持ち)の出来上がり。ただ、墓所封印からの盤面返しされるのがきつく、これらは墓所コアキネオスへと移っていくことになったかと思います。

 

墓所コアキネオス

こいつが間違いなく環境トップではないにしろトップシェアだった。

金剛核破壊体制、破壊体制ネオス、破壊体制フウマとバウンスエニシ、無限蘇生サブテラー戦士、古代のギャラサイ墓地効果、白石の青眼回収…挙げればきりがない程に墓所封印というスキルがすべてを封じてくれた。

そこに目を付けたワンキルコアキネオス。破壊体制を無視したところでのアイスとマキシマム展開の連続破壊からのワンキル。

さらに、前述の墓所青眼の初手白石セットがここで効いてきます。先手でもセットさえしておけば墓所青眼だと勘違いされ後攻で攻撃されない環境ができていた。。。おそろしいぞ

これにより墓所コアキネオスが環境を占めていき、後攻ワンキル環境が出来上がっていったと言えます。いわゆるジャンケンてやつ。ジャンケンポン。俺の勝ち!何で負けたのか、明日まで考えといてください。そしたら何かが見えてくるはずです。ほな、いただきます(1000DP)。

 

墓所真紅眼

そこでこれ。墓所コアキネオス環境に激強だった墓所真紅眼。

当初は青眼対策の交換真紅眼バスブレが注目されてましたが、対策テーマとしては青眼からコアキネオスへとシフトされていました。連続破壊が強みであったコアキもスラッシュで逆に無効にされ破壊される始末…ネオスも2600打点なので最低2800打点であるスラッシュを抜けません。

真紅眼先行でも黒竜装備やガーディアンの力装備で耐性を付けられていまいます。もちろん墓所なので他のテーマも対策できてているという。

 

仮面サブテラー

このテーマもなかなかやばかったです。墓所環境で苦しいにもかかわらず、その本来あるデッキパワー+汎用性の高すぎた仮面の下準備のスキルで環境に君臨していました。仮面兄弟ならほぼ間違いなくサブテラーか交換魔導であったと言えるほどに仮面サブテラーは使われていました。

何度も蘇ってくる戦士除外できるリグリア―ドチート性能な決戦など、一度回れば安定したデッキパワー供給できるのが強みです。

 

粉砕六部

六武衆はネオスを打点で抜ける粉砕へとシフト。

破壊体制を無視したエニシと二刀流のバウンス、そこに加えて相手モンスターを低攻撃力の置物にできかつエスケープできる「星遺物を巡る戦い」魔法罠無効のシエンドローソースの六武衆の結束リクルートのフウマ道場、やりたい放題かよ!!

六武衆は先行で強いのが特徴でしたが後攻でも返せてしまうほどにデッキパワーが高かったです。

 

古代

最後に古代、バックのカードを破壊しに行けることから、サブテラーなどに強く出れるテーマでした。ただ、コアキにワンキルして返されてしまうのがきついといった印象。

しかし、古代が伏せたセットカードは破壊しに行きづらいというのを活かし、「波紋のバリアウェーブフォース」のデッキバウンス、決まれば一撃必殺のカードの採用が好まれていたように見えます。真紅眼のスラッシュや破壊体制あるコアキネオスにもこれ1枚で解決できてしまいました。

 

 

テーマの厳選

さてここからは私の話。

 

今期のテーマは、青眼、コアキメイルネオス、サブテラー、真紅眼、六武衆、古代、メタファイズ、バスブレ、魔導。9こあります。最初に述べた通り、そこまでカードプールが広くありません。

この中で組めるのコアキメイルネオス、真紅眼、古代、バスブレ、魔導の5つしか組めませんでした。(5つも組めれば上出来かもしれませんが…)今主力の青眼、サブテラー、六武衆、メタファイズに至っては触れてすらいない。仕方なく、上の5個から何が強く出れるのか考えました。

 

まず、青眼を筆頭に墓所環境になると予想し、魔導は使わないことに決めました。バスブレも古代やサブテラーがいることを考えると採用は見送り。ゆえにコアキネオス、真紅眼、古代でWCSを進めようと決意。

 

 

WCS結果

 気になる結果は…?

f:id:degu324:20190613151927p:plain
f:id:degu324:20190613151951p:plain

67238DP!日本72位!
やりました!結構ギリギリではありましたが銀ボーダー超えることが出来ました。

 

 

当初目標の300戦を超えて500戦弱。一試合が短かったのでサクサクできました。これだけやって勝率55%を超えれたのは良かったと思います。

最後銀ボーダーの追い上げがえぐかったです笑
一時間で1,500DPとか最後の30分では600DP上がっています。


日本の最終ランキングはこんな感じです。

f:id:degu324:20190613152253p:plain
f:id:degu324:20190613152314p:plain
f:id:degu324:20190613152338p:plain
f:id:degu324:20190613152359p:plain

金ボーダー96254

銀ボーダー66403

 

 

使用デッキ

今回、何のテーマを握ったかというと「コアキネオス」でした!

採用理由は、まず第一に使い慣れていたこと。次に前回KCのようにやればやるだけDPが上がるランダムマッチのマラソン形式のシステムであると見たので1試合が短く試合数をこなせるコアキネオスにしました。

f:id:degu324:20190611035457p:plain
f:id:degu324:20190611035519p:plain

初日の3万前後までは、スリカエコアキネオス

後半の67,000まで、墓所コアキネオス

 

スリカエコアキネオスについては述べた通り、2600打点&2500打点(二回攻撃直接攻撃持ち)とコズサイ&スリカエにより安定した手札供給ができるので。

しかし、コアキネオスミラーや墓所がないための他テーマ、特にサブテラーや六武衆への対抗手段が厳しいことから墓所封印採用の墓所コアキネオスへ移動。

 

狡猾不採用なのは、後攻でのワンキル率を上げる、ウルナイト2枚採用であり鋼核2枚にすることでウルナイトからリクルートしやすくしたこと、マキシマム展開をしやすくするためです。また、バックカードを0にすることで相手のコズミックサイクロンを腐らすことが出来ます。

対サブテラーや六武衆に対しては、コズサイでバックをはがして墓所封印、アイスマキシマムで盤面取りに行きます。カナディア底なしで裏にされても、ネオスフュージョンを引けていればADを落として反転しに行けます。

 

なぜクリボールではないのか

墓所コアキネオスの弱点として先行での弱さが挙げられます。

f:id:degu324:20190611152346j:plain
f:id:degu324:20190611152355j:plain

当初、クリボールの採用(デッキパワーを下げたくないので入れても2枚まで)を考えましたが、サブテラー戦で死に札、他の試合でもアドが取れずじり貧になってしまい不採用。この構築では先行ウォールを立てることでそれを解決することにしました。

確率表を見てもらえばわかりますが、クリボール2枚で37%、一方ウォール展開札はざっくりですが6枚として80%あります。

 

ウォールはウルナイトからリクルートできるのも強みです。墓所アイズの真紅眼融合を止めたり、金剛核ネオスフュージョンを止めたりと、墓所ミラーの際に役に立ち、サブテラー戦のアタッカー、マキシマムの維持コストにもなってくれます。

 

他の候補デッキ

採用候補であった墓所真紅眼(少し使った)と古代ですが、上位陣の構築とほぼ同じでした。が、墓所真紅眼を使った際にはもう既に墓所真紅眼が流行っており、また構築が不十分であると感じ、ミラーで勝てないと予想し見送ってしまいました。

f:id:degu324:20190611035437p:plain
f:id:degu324:20190611035411p:plain

墓所真紅眼
自分の理想論としては異次元の戦士(所持1)をDDアサイラント(所持1)、インサイト黒竜(所持2)にする予定でした。ですが、アサイラントよりも触るだけで除去できる異次元の戦士が正解のようでした。黒竜も2枚で良かったみたいです。

古代

醒めない悪夢を抜いてウェーブフォース(所持2)3枚にしたっかったです。上位陣もウェーブフォースは積んでたみたいです。

 

 

おわりに

通算2個目の銀アイコンです!
前回の銀は無課金の時…磁石の戦士で取った時期ですので、それから大分時間がたってしまいました。
以前のKCで102位とかやらかしたので今回取れて素直に嬉しいです。

 

コアキメイルはOCGでも使ってたことがあるし、リンクスだと親指杯で優勝したときにもお世話になりました。(たぶんウォール採用した人いなかったんじゃないかな??)これが正解だったとも思いませんが、、、

 

今回感じたのは、ある程度パワーがあり、使い慣れているデッキを信じて煮詰めれば上位に食い込めるということでしたね。現状あるカードプールで代用カードや解決策を見つけるのがこのゲームのだいご味だと思います!

まぁ上位とはいっても金アイコンにはまだまだ道のりは長いですが笑

 

新パックの強いカードを使うのもよいですが、使い慣れているデッキ使うのって、こういったWCSみたいな長丁場の試合ではいかにプレミしないかが左右されるので、重要なファクターになってくるかと思います。最後に皆に伝えたかったのはこれですね!!(/・ω・)/

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

WCS本当にお疲れ様でした!

f:id:degu324:20190611035738p:plain

サムネ用画像。遊戯王ARC-Ved画像

 

松杯個人戦績・リプレイ(メモ用)【遊戯王 デュエルリンクス】【Yu-Gi-Oh! Duel Links】

 

松杯個人レポート(2019.5.26大会)

使用デッキ:コアキメイルネオス

墓所青眼〇〇

サブテラー✕〇✕

 

f:id:degu324:20190526004719j:plain
f:id:degu324:20190526004730j:plain
f:id:degu324:20190526004735j:plain

 

環境サイド
スカル・マイスター2、抹殺の使徒2、
DDアサイラント1、コズミック・サイクロン1

 

下記がテーマごとの弱点カードと考えていたサイチェンです

・古代
コズサイ、スカル
OUT豚、ギャラ2
INコズサイ、スカル2

・サブテラー
抹殺、ラヴァゴ、ギャラ、狡猾
OUTスカル、タックル
IN抹殺2

・ネオス
ラヴァゴ、抹殺、スカル、解除
OUTギャラ2
INアサイラント1ミラクル1

墓所青眼
ラヴァゴ、ミラー、スカル
OUTギャラ2
INスカル2

・真紅眼
クリボール、ラヴァゴ、ギャラ、解除
OUTスカル
INアサイラント

・魔導
クリボール、ギャラ
OUTスカル
INアサイラント

・六武衆
ラヴァゴ、コズサイ、
OUTスカル
INコズサイ

 

 

サブテラーは試合途中でバック破壊が刺さるとわかったのでコズサイ1抹殺1INにしました。しかし、3戦目抹殺の使徒がサブテラーに刺さらず。そこがもし「スペシャルハリケーン」なら手札のネオスをコストからミラクフュージョンが使えたので・・・調整不足でした。

 

優勝・準優勝者もコアキメイルネオスだったみたいで、流行りの狡猾も効かないのでデッキチョイスは間違ってなかったと思います。アイスも今の特殊召喚環境に刺さっています。幅広くデッキが見れるコアキメイルネオスはWCSでも流行ると予想できます。ただ、今大会はサイドありなのでそこがWCSではどう活躍するかが楽しみです。

 

 

リプレイデータ

 

VS墓所青眼

①1戦目
リプレイの共有!#デュエルリンクス
https://duellinks.konami.net/att/0338d01e928dfaa33110730df509ea8c0155ed8b1a

①2戦目
リプレイの共有!#デュエルリンクス
https://duellinks.konami.net/att/014aab0666dca0a364170b9838e26b365f2b70dfe4

 

VSサブテラー

②1戦目
リプレイの共有!#デュエルリンクス
https://duellinks.konami.net/att/02833e8959edf31d7f698b1d049a5a2bf4654744df

②2戦目
リプレイの共有!#デュエルリンクス
https://duellinks.konami.net/att/04cf4ef141d54ca64aae275c818397f03698e85ebc

②3戦目
リプレイの共有!#デュエルリンクス
https://duellinks.konami.net/att/01f2273c8d58f28cc814c98b02c181dcf2c9456efb

 

 

f:id:degu324:20190526011612j:plain